オフィスソフト

「Office 365」入門--知っておくべき重要ポイントを解説

Office 365には、現代の職場で必要とされるプロダクティビティツールが用意されている。このガイドは、提供されるアプリケーション、システム要件、契約プランといった重要なポイントを解説する。

 現代企業では、分野や規模にほぼ関係なく、メール、カレンダ、ワープロ、表計算といった基本的なオフィススイートを中心に仕事が回っている。ただし、モバイルワーカーが増えたため、こうしたオフィスツールも新たな要求に応えられるよう変化しなければならなくなった。Microsoftが「Office 365」を場所や時間に縛られず仕事を済ませられるモバイルコラボレーションプラットフォームへと変えたのには、このような背景がある。

 Office 365は多くの企業にとって事実上の標準プロダクティビティスイートであり、ほかの競合スイートを評価する際の基準でもある。そのため、企業のIT部門の責任者はOffice 365に関する情報をすべて知っておくべきだ。

残り本文:約3729文字 ログインして続きを読んでください。

「オフィスソフト」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]