オフィスソフト

「Office 365」入門--知っておくべき重要ポイントを解説

Office 365には、現代の職場で必要とされるプロダクティビティツールが用意されている。このガイドは、提供されるアプリケーション、システム要件、契約プランといった重要なポイントを解説する。

 現代企業では、分野や規模にほぼ関係なく、メール、カレンダ、ワープロ、表計算といった基本的なオフィススイートを中心に仕事が回っている。ただし、モバイルワーカーが増えたため、こうしたオフィスツールも新たな要求に応えられるよう変化しなければならなくなった。Microsoftが「Office 365」を場所や時間に縛られず仕事を済ませられるモバイルコラボレーションプラットフォームへと変えたのには、このような背景がある。

 Office 365は多くの企業にとって事実上の標準プロダクティビティスイートであり、ほかの競合スイートを評価する際の基準でもある。そのため、企業のIT部門の責任者はOffice 365に関する情報をすべて知っておくべきだ。

残り本文:約3729文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  2. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  3. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  4. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  5. 講演関連資料:クラウド型コンタクトセンター導入の3つのポイント

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]