オフィスソフト

「Office 365」入門--知っておくべき重要ポイントを解説

Office 365には、現代の職場で必要とされるプロダクティビティツールが用意されている。このガイドは、提供されるアプリケーション、システム要件、契約プランといった重要なポイントを解説する。

 現代企業では、分野や規模にほぼ関係なく、メール、カレンダ、ワープロ、表計算といった基本的なオフィススイートを中心に仕事が回っている。ただし、モバイルワーカーが増えたため、こうしたオフィスツールも新たな要求に応えられるよう変化しなければならなくなった。Microsoftが「Office 365」を場所や時間に縛られず仕事を済ませられるモバイルコラボレーションプラットフォームへと変えたのには、このような背景がある。

 Office 365は多くの企業にとって事実上の標準プロダクティビティスイートであり、ほかの競合スイートを評価する際の基準でもある。そのため、企業のIT部門の責任者はOffice 365に関する情報をすべて知っておくべきだ。

残り本文:約3729文字 ログインして続きを読んでください。

ホワイトペーパーランキング

  1. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  2. 報告: IT部門と事業部門の「境目」が消え始めた!?世界のITリーダーが回答
  3. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書
  4. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  5. Boxをビジネスに活⽤するために-業種、職種別のユースケース

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan