電子署名 セイコーソリューションズ

eviDaemon:電子署名とタイムスタンプでデータの真正性を担保--標準規格に対応

電子署名とタイムスタンプを生成するクラウドサービスの「eviDaemon」は、電子署名法やe-文書法で求められるデータの真正性を担保する。

 セイコーソリューションズの「eviDaemon」は、電子データの真正性を担保するために電子署名とタイムスタンプを生成するクラウドサービスである。

 「電子データの真正性の担保」とは、(1)誰が作成した文書であるかということと、(2)その文書の完全性(改ざんされてないこと)を、(3)ある特定の時点で証明することである。このスキームは「電子署名法」や「e-文書法」で定められている。そのためには、電子署名とタイムスタンプが必要になる。

 eviDaemonは、これらに対応した電子署名とタイムスタンプを生成するサービスだ。電子データをユーザー側システムの特定のフォルダに転送すると、電子署名とタイムスタンプを同社のクラウドセンターを介してユーザー側システムのフォルダに生成する。

 電子署名については、XMLファイルに対する電子署名のJIS規格「XML署名利用電子署名(XAdES)の長期署名プロファイル」、PDFファイルに対する標準規格「PDF長期署名(PAdES)」に対応する。

 eviDaemonのクラウドサービスセンターとユーザー側に置かれた専用サーバ間は、SSLによる安全な通信路を確保。対象となる原本データがクラウドサービスセンターに送信されないため、外部への情報漏えいの心配もなく、情報を万全な状態で管理できる。

eviDaemonの構成
eviDaemonの構成(セイコーソリューションズ提供)
eviDaemonの概要
用途と機能 電子データの真正性を担保するクラウドサービス
特徴 電子署名法やe-文書法に対応した電子署名とタイムスタンプを生成する。XAdESやPAdESに対応
税別価格 初期費用:100万円~(eviDaemonサーバ費用を含む)、年間定額:50万円(1日最大1800文書まで、認定タイムスタンプとハードウェア保守料金を含む)
導入企業 ベアーズ、慶應義塾大学病院、武田薬品工業、東宝、フォルテック一級建築士事務所など

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 急増する「非マルウェア攻撃」は、どのように防げばいいのか?─新たな発想による防御が必須に
  2. IBM データ経営の教科書-ビジネス変革3つの柱はデータ、アナリティクス、クラウド
  3. “AIのパラドックス”に陥らないために─AI導入成功に向けたロードマップを知る
  4. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  5. 世界的コンサルが直面したITプロジェクトの課題とは?可視化・省力化などを果たした解決への道に迫る

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]