BPM 日本アイ・ビー・エム

太陽生命、生保加入時の告知査定を自動化--告知洩れからの再訪問もなくす

太陽生命保険は、ビジネスルール管理システムで生命保険加入時の告知の査定を自動化した。過去の査定経験をもとに設定した査定基準が登録され、保険加入に関する査定結果が即時に確定する。

 T&D保険グループの太陽生命保険は、顧客満足度の向上と業務の効率化を実現するため、ビジネスルール管理システムで生命保険加入時の告知の査定を自動化した。日本IBMが3月24日に発表した。

 太陽生命は現在、業界最高水準のサービスと業務効率の向上を同時に実現することを目指した業務改革プロジェクト「EVOLUTION' 15」を推進。その中で「ワークスタイルの変革」「支社業務の改革」「査定の自動化」に取り組んでいる。

 このうち査定の自動化は、これまで人間が判断していた部分を自動化することで回答を迅速化し、サービスと業務効率の向上を図るというもの。これまでは、顧客がデジタルペンで告知書へ記入した告知内容を営業職員が携帯する端末から本社に送信、それに基づいて本社の査定担当者が保険加入の判断をしていたため、顧客に保険加入時の引受判断結果を連絡できるまで時間を要していた。

IBM Operational Decision Manager導入前後を比較
導入前後を比較(日本IBM提供)

 今回、ソフトウェア「IBM Operational Decision Manager(ODM)」を導入、査定基準をODMのルールエンジンに登録し、自動的かつ即座に査定を判断できるようにした。顧客の健康状態や病歴の内容に応じて自動的に質問項目が設定される仕組みも導入することで、契約申し込みでの引き受けの判断に必要な告知を正確に漏れなく受領することができるようになった。

 ルールエンジンには、過去の査定経験をもとに設定した査定基準が登録され、保険加入に関する査定結果が即時に確定する。さらに、告知漏れなどから発生する追加告知のために営業職員が再訪問することがなくなり、顧客の負担も軽減する。支社側の事務も削減され、本社での査定判断も含め業務効率化が図られている。

 ODMは柔軟に開発、テストできることから業務部門からの要望や医療の進歩、保険商品の拡充といった時代の流れにも柔軟に対応できるという。

 今回導入されたODMは、太陽生命が2001年から展開してきた情報統合システム「NET'S01」上に構築されている。システム基盤には、RISCプロセッサ「POWER8」を搭載するIBMの「Power Systems」サーバを採用し、高速性と堅牢性を両立。システム構築では、日本IBMのグローバル・ビジネス・サービス(GBS)部門がプロジェクト管理やサーバ構築を担当した。

関連記事

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan