人材採用

SONAR:さまざまなチャネルの情報と流れを一元管理する人材採用管理サービス

人材採用管理サービス「SONAR」は、さまざまなチャネルからの応募者を一元管理可能。応募から内定、入社までの応募者へのメールや説明会、面接の予約受付なども一元的に管理できる。

SONARのポイント

  • 応募者のプロフィール情報や選考の状況、選考で使う書類などを一元管理
  • 応募状況をグラフで可視化、ワンクリックで状況を把握、分析
  • 応募者の状態が変更になった時点で自動実行するアクションを設定

SONARの製品解説

 イグナイトアイの「SONAR」は、大学生向けの就職ナビや人材紹介会社、企業の人材採用ウェブページ、人材採用を目的にしたイベントなどさまざまなチャネルからの応募者を一元管理する人材採用管理サービス。応募者のプロフィール情報や選考の状況、選考で使う書類などが一元管理される。

編集部おすすめの関連記事

 応募者の集約された情報に本社の人事部門や事業部の人事担当、人材紹介会社、応募者、面接官などがアクセスできる。応募から内定、入社までの応募者へのメールや説明会、面接の予約受付なども一元的に管理できる。

 応募状況をグラフなどで可視化。状況把握や分析がワンクリックで確認でき、Excelによる集計作業が不要になる。例えば、文系と理系の比率や男女比を示した応募状況、募集チャネルごとの応募推移などをグラフィカルに表示する。

 採用までのワークフローを管理する機能もある。職種別採用や学校推薦など、多様な採用方法に対応可能だ。各選考ステップに必要な人数を採用目標数や応募数からシミュレートすることもできる。

 応募者へのメール送信や説明会、面接の予約受付をあらかじめ決めたルールに沿って自動実行できる。例えば、説明会参加者に参加へのお礼と次の選考案内メールを自動送信するなど、応募者の状態が変更になった時点で自動実行するアクションを設定できる。

 応募者向けウェブページでは、選考状況にあったメニューを表示。メッセージの送受信、説明会や面接の予約など選考のやり取りを全て完結できる。

 採用担当者向けの機能に加えて、面接官と応募者、内定者を対象とした機能も提供する。面接官向けには、応募者のプロフィールや過去の選考結果を参照し、面接結果を入力する「面接評価入力」と面接スケジュールを管理する「面接スケジュール管理」といった機能がある。

SONARのまとめ
用途と機能人材採用管理サービス
特徴応募から内定、入社までの応募者へのメールや説明会、面接の予約受付なども一元的に管理。集約された情報に本社の人事部門や事業部の人事担当、人材紹介会社、応募者、面接官などがアクセス。応募者の状態が変更した時点で次のアクションを自動実行
導入企業三菱商事ロジスティクス、野村不動産アーバンネット、マネックスグループ、ソフトバンクなど

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 急増する「非マルウェア攻撃」は、どのように防げばいいのか?─新たな発想による防御が必須に
  2. IBM データ経営の教科書-ビジネス変革3つの柱はデータ、アナリティクス、クラウド
  3. “AIのパラドックス”に陥らないために─AI導入成功に向けたロードマップを知る
  4. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  5. 世界的コンサルが直面したITプロジェクトの課題とは?可視化・省力化などを果たした解決への道に迫る

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]