クライアントセキュリティ サーバセキュリティ ゲートウェイセキュリティ メールセキュリティ ウイルス対策 標的型攻撃対策 IDS/IPS ファイアウォール WAF UTM フィルタリング データ保護 アクセス管理 SSO ワンタイムパスワード IRM 情報漏えい対策 暗号化 脆弱性診断 その他セキュリティ

外部委託業者によるセキュリティリスクを減らす--5つのアドバイス

サードパーティーベンダーが原因となるデータ流出リスクを減らすため、専門家のアドバイスを紹介しよう。

 社内業務をサードパーティーベンダー(TPV)へ委託する企業が増えている。外部委託の魅力は経費節約だ。さらに、自社の中核事業に注力できるメリットもある。

 ただし、多くの場合、何らかの業務を外へ出すことは、外部組織に自社のネットワークやデータへのさまざまなレベルのアクセスを与えることでもある。そして、これが問題に発展し得ることは常識だ。

 TPVにアクセスを許可し、それが原因となった問題に直面する企業は、きちんとしたITおよびセキュリティ部門を擁しているところが多い。それならば、こうした部門がほとんど存在しない、もしくはまったくない小さな企業は、一体どうなってしまうのだろうか。

 小企業は、IT関連の設定やメンテナンスが必要になるたびTPVのコンサルタントを頼ることになり、その都度リモートアクセスが増えてしまう。興味深いが困ったことだ。

残り本文:約2452文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. 人手がかかりすぎるから脱却するには?:「脅威インテリジェンスの活用と自動化」によるアプローチ
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. “できる中小企業”の人材採用――事例から紐解く「コア人材」獲得のポイントとは?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan