タブレット PC IDC Japan

デタッチャブルタブレットがPC市場減退を補足--IDC

IDC Japanは、国内モバイルデバイス市場(スマートフォン市場、タブレット市場、PC市場、通信データカードなどのData Communicationを含む)の2015年の出荷台数実績および2016年~2020年の予測を発表した。

 IDC Japanは3月22日、国内モバイルデバイス市場(スマートフォン市場、タブレット市場、PC市場、通信データカードなどのData Communicationを含む)の2015年の出荷台数実績と2016年~2020年の予測を発表した。

 2015年の国内モバイルデバイス出荷台数は前年比8.1%減の4792万台となった。このうちスマートフォン市場は従来型携帯電話から移行が進み、前年比3.6%増のプラス成長、タブレット市場は通信事業者向けの出荷やB2B2Cなどの案件によって前年比1.5%増だった。

 一方、PC市場は、2014年のWindows XPサポート終了に伴う特需の反動の継続、円安に伴う平均価格上昇の影響による買い替えサイクル長期化で、前年比31.4%減の大幅なマイナス成長となった。国内モバイルデバイス市場のマイナス成長は、このPC出荷台数の大幅な減少による。

(IDC提供)
(IDC提供)

 同社では、2016年の国内モバイルデバイス市場を前年比8.2%減の4401万台と予測している。

 スマートフォン市場は、2015年までは従来型携帯電話からの買い替えや、通信事業者によるキャンペーンによって前年比プラス成長を遂げてきた。しかし2016年には、総務省要請による「スマートフォンの実質0円販売」の廃止により、出荷が減速する可能性が高くなると考えられる。これにより、2016年スマートフォン市場は前年比4.7%減の2620万台と予測している。

 タブレット市場は、学校関連を中心にビジネス市場での導入が進むことが予測されるものの、家庭市場ではキラーアプリケーション不在の状況が続き、大型スマートフォンとの競合もあって市場全体として2016年は前年比17.3%減の687万台と予測。

 PC市場は、PC買い替えサイクルが長期化する可能性が高く、特に家庭市場では、2015年同様にPC購買を促進する要素が少ない状態が続くと予想される。過剰な流通在庫が短期的に解消せず、ベンダーの生産/出荷調整が続くと考えられる。これらにより、2016年のPC市場は前年比8.5%減の965万台と1000万台を切る出荷台数を予測している。

 一方、タブレット市場においては、キーボード脱着が可能で、ポータブルPCに使い勝手が近いデタッチャブルタブレットが、PCベンダーを中心に出荷されている。このデタッチャブルタブレットは、2016年以降もWindowsに加えiPad ProやAndroidベースの製品が増加することが予測される。PCとデタッチャブルタブレットを合算した出荷台数は、2015年に約1180万台、2016年には約1130万台と、PCの出荷減少をデタッチャブルタブレットが補う形になると予測した。

 同社PC、携帯端末&クライアントソリューション シニアマーケットアナリストの浅野浩寿氏は、以下のようにコメントしている。

 「2015年の国内モバイルデバイス市場は、PC買い替えサイクルの長期化が大きく影響し、マイナス成長となった。2016年はさらに、スマートフォンやタブレットの買い替えサイクルの長期化によって市場はマイナス成長が続くと見ている。しかし、2018年以降は従来型携帯電話のチップ生産終了に伴うスマートフォンへの移行や、特定用途向けタブレット、2020年のWindows 7サポート終了に向けたPC買い替え需要によって市場は拡大すると予測している」

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. BIからBA、そしてコグニティブに至る上での落とし穴
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. 情報の連携不足に盲点あり。自動化がセキュリティの「危機回避」の決め手に!

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan