運用管理 ミック経済研究所

データセンターの消費電力量が市場成長を下回る--ミック

 ミック経済研究所は3月22日、国内のデータセンター(DC)市場と消費電力量に関する調査「データセンター市場と消費電力・省エネ対策の実態調査」を発刊したと発表した。今回の調査は2015年12月から2月にかけて実施した。

 日本国内のDC市場の売上高やデータセンターの消費電力量、延床面積、省エネ対策などについて、主要DC事業者31社の面接取材による個別実態調査とデスクワーク調査14社のデータにより全体を推計した。

 同調査におけるDC市場は「ハウジング、ホスティング、クラウド(SaaS・ASP、PaaS、IaaS)サービス関連売上」として算出。また、DC消費電力量は「IT機器系消費電力量:DC内のサーバ、ストレージ、ネットワーク機器などの消費電力量」「ファシリティ系消費電力量:DC内の空調機、電源設備(UPS他)、照明、その他設備の消費電力量」としている。

DC市場とDC消費電力量の推移予測(2014~20年度)
DC市場とDC消費電力量の推移予測(2014~20年度) (ミック経済研究所提供)

 調査結果の概略は以下の通り。

 2015年度の国内DC市場は、前年度比8.0%増の1兆8394億円となる見込み。ユーザー企業がDCを利用する意向は2016年度も継続し、同年度の市場規模は1兆9361億円(前年度比5.3%増)と予測。

 今後もユーザー企業のIT環境において、クラウドと物理サーバを統合したシステム構築により、DC活用が拡張することで、年平均成長率4.4%増で成長することが見込まれる。その結果、2020年度には2兆2807億円となる見通し。

 一方、国内商用DCの消費電力量は、2015年度で150.8億kWh(7.6%増)の見込みで、DC市場の成長率8.0%増と比較すると、消費電力量の成長率が0.4ポイント分低くなっている。消費電力量は年平均2.7%増と売上高の成長性を下回りながら増えていき、2020年度で171.9億kWhとなる見通し。

データセンター市場とデータセンター消費電力量の推移予測・および各前年度比(ミック経済研究所提供)
データセンター市場とデータセンター消費電力量の推移予測および各前年度比(ミック経済研究所提供)

 IT機器はクラウドや仮想化技術で集約化が進んでおり、ラックあたりの実効消費電力はわずかながら上昇傾向にある。DC利用が増える分、稼働ラック数も増えることから、売り上げに準じてIT機器系消費電力量はアップしていく。

 またファシリティでも、ラック稼働増加に対応するため、空調や電源系の消費電力量は上昇する。中でも、継続的に行ってきた省エネ対策の効果や、省エネ効率の高い新型DCの稼働率が上がったてきたことにより、ファシリティ系消費電力量のアップを抑えられる。

 ここ数年間で新設されたDCの大きな消費電力の削減効果が期待された対策としては、「外気冷却」の導入が進められてきた。本調査対象事業者が保有する主要DC110拠点のうち、40拠点(36%)が外気冷却を利用、21拠点(19%)が外気を直接的にサーバルーム取り入れる方式を採用していることが分かった。

 直接外気冷却システムを利用しているDCでは、部分的であるが、一定の省エネ効果が得られているとされる。ただし、直接外気冷却は、年間の温湿度の差が激しい日本においては温度や湿度のコントロールに一定のノウハウが必要となること、また、外気取入の設備設置には通常のDC建築に追加投資が必要となることなどが課題となる。

 同社では、今後の新設DCにおいて、現在までにノウハウを蓄積したDC事業者の空調方式の一選択肢となることも想定されるとしている。

関連記事

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan