ロードバランサ A10ネットワークス株式会社

GYAO、800Gbpsのトラフィック処理にADCを採用

Yahoo! JAPANの子会社GYAOは、映像配信サービス「GYAO!」のインフラに求められる800Gbpsの広帯域トラフィック処理に対し、100Gbインターフェイスを搭載した次世代アプリケーション・デリバリー・コントローラー(ADC)複数台を採用、高収容・高性能なネットワークインフラを実現し、サーバ台数を10分の1に低減した。

 ヤフージャパン傘下のGYAOは、映像配信サービス「GYAO!」のインフラに求められる800Gbpsの広帯域トラフィック処理に対し、100Gbインターフェースを搭載した次世代アプリケーションデリバリコントローラ(ADC)を複数台採用した。高収容、高性能なネットワークインフラを実現し、サーバ台数を10分の1に減らした。

 GYAO!は日本で有数の無料映像配信サービスとして、2014年10月にブランドを刷新。HD映像への対応を進めるなど、ユーザーニーズに応えるようにサービス規模を拡大している。HD映像による高画質化やユーザー数の増加、さまざまなデバイスからのアクセスに対応するため、インフラコストを抑えながら、合計800Gbpsの広帯域トラフィック処理の実現が求められていた。

 GYAOは、新たに高速で安定したネットワークインフラを構築する際に、ADCのハイエンドモデルである「A10 Thunder 6630 ADC」を採用した。

 選定の理由は以下の3点だった。

  • 100Gbインターフェース搭載ADCによる高い接続性
  • L4ロードバランシング性能と優れたコストパフォーマンス
  • 数百台規模のADCがYahoo! JAPANのネットワークインフラを支えていること

 GYAO!を含む幅広いサービスのシステムを運用するYahoo! JAPANでは、これまでもA10のL4ロードバランシング性能と、他社と比べて優れたコストパフォーマンスを評価し、数百台のADCを導入している。

 ADCとして100Gbインターフェースを搭載。大容量バックボーンへの接続性を確保できることから、A10 Thunder 6630 ADCの導入を決めた。またA10 Thunder 6630 ADCに搭載した24コアCPUによる、710万L4 CPS(コネクション数/秒)というL4ロードバランシングの性能と、コストパフォーマンスも評価している。

 Thunder 6630 ADC導入により、サーバ台数を約10分の1まで低減できたという。さらに、100Gbインターフェースによって配線の手間が減り、より単純なネットワークデザイン構成となったことで、管理コストも削減した。

関連記事

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
スイッチ
無線LAN
ルータ
ロードバランサ
VPN
WAN高速化
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan