脆弱性診断 Vormetric, Inc.

日本企業の9割、データ脅威に対して脆弱と認識

データセキュリティ事業を手がけるVormetricが、データセキュリティに関する調査レポート「2016 Vormetric Data Threat Report(DTR)」の日本版を発表した。レポートによると、日本企業の93%は自らの組織がデータ関連の脅威に対して脆弱であると感じており、39%はデータ流出を経験していた。

 データセキュリティ事業を手がけるVormetricは、データセキュリティに関する調査レポート「2016 Vormetric Data Threat Report(DTR)」の日本版を発表した。調査によると、日本企業の93%は自分たちの組織がデータ関連の脅威に対して脆弱であると感じており、39%は実際にデータ流出を経験していた。

 組織外からの脅威として挙げられた割合の多かった項目は、「サイバーテロリスト」(77%)と「サイバー犯罪者」(76%)。脅威と脆弱性に対する認識は高いものの、取り扱いに注意を要する重要なデータを保護するために支出を増やしている割合は31%にとどまった。

残り本文:約942文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. そのままでは越えられない「年商2億」の壁!突き破った企業はここが違う
  2. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  3. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  4. 顧客とのつながりを強化する“3つ”のステップ-相手に合わせて最適な顧客体験を提供するには
  5. お客様とのつながりを強固に!メールマーケティングの効果を高めるために知っておきたいこと

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan