メールセキュリティ

iSHERIFF EMAIL SECURITY:情報漏えい対策やアーカイブもできるメールセキュリティ

メールセキュリティサービスの「iSHERIFF EMAIL SECURITY」は、マルウェア、スパム、フィッシングなどの脅威から保護する。メール脅威対策や情報漏えい対策(DLP)、アーカイブサービスも提供する。

 アイシェリフ・ジャパンの「iSHERIFF EMAIL SECURITY」は、マルウェア、スパム、フィッシングなどの脅威から保護するメールセキュリティサービスである。クラウドベースで出張先や移動中、自宅などでも利用できる。

 メール脅威対策としては、フィッシング対策フィルタ、IPレピュテーションフィルタリング、複数のクラウドエンジンによるマルウェアスキャン、疑わしい添付ファイルの振る舞い解析を提供するほか、メールに埋め込まれたURLを検出、分類して悪意のあるリンクの配布を防止したり、メッセージのヘッダーと本文を検証してフォーマットの整合性を検出したりする。

 情報漏えい対策(DLP)も提供する。複数の条件とデータタイプを設定でき、機密データの種類、重要な情報に対して配信を許可するエンドユーザーや適切な配信プロセスを定義できる。メールの利用に関するコンテンツポリシーを定義して適用することで、機密性の高いデータの外部流出を防ぐ。例えば、患者の診療情報やマイナンバーなど、個人の特定につながる情報を保護対象として選択できる。

 オプションでアーカイブサービスも提供する。メールの保管と検索機能のほかに暗号化技術によりメッセージの改ざんを防止する。

iSHERIFF EMAIL SECURITYの概要
用途と機能マルウェア、スパム、フィッシングなどの脅威から保護するメールセキュリティサービス
特徴クラウドベースで出張先や移動中、自宅などでも利用できる。メール脅威対策や情報漏えい対策、メールアーカイブなどの機能を提供する
税別価格1ライセンスあたり月額300円、あるいは年額2800円。月額は5ライセンスから、年額は1ライセンスから

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  2. 調査結果:経営層と情シスの意識にギャップあり!利用・検討中のクラウドサービスに求める条件と効果は?
  3. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  4. ITRアナリスト浅利氏解説:組織/ビジネス強化に有効なクラウドERP--ユーザー自ら導入で迅速展開
  5. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan