IaaS PaaS

「Microsoft Azure」入門--導入メリットなど

このガイドは、クラウドコンピューティングプラットフォーム「Microsoft Azure」を包括的に紹介し、一般的なユースケースと技術的な制約、導入前に知っておくべき事柄を解説する。

 クラウドコンピューティングが登場した結果、企業は高コストで手間のかかるデータセンターを構築せず、多種多様な処理負荷に対応できるよう待機させておくサーバの運用コストを負担することなく、演算リソースを素早く用意できるようになった。

 Microsoftがクラウドコンピューティングプラットフォーム「Azure」をリリースしたのは、2010年2月のこと。Azureは、仮想マシン、オブジェクトストレージ、コンテンツ配信ネットワーク(CDN)といったクラウド系サービスに加え、Microsoftの独自技術をベースとするサービスも提供している。例えば「RemoteApp」は、Microsoftリモートデスクトッププロトコル経由でWindowsプログラムをWindows、OS X、Android、iOS上のクライアントに配信可能だ。さらにAzureは、「Active DirectoryActive Directory 」「SQL Server」など、よく使われるMicrosoftの企業向けソリューションのクラウド版もホスティングしている。

 このガイドはMicrosoft Azureを分かりやすく解説する。

残り本文:約3435文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  2. 調査結果:経営層と情シスの意識にギャップあり!利用・検討中のクラウドサービスに求める条件と効果は?
  3. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  4. ITRアナリスト浅利氏解説:組織/ビジネス強化に有効なクラウドERP--ユーザー自ら導入で迅速展開
  5. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan