生産管理 システムエグゼ

EXEX生産管理:最小限の機能で始められる中小企業向け生産管理パッケージ

生産管理パッケージの「EXEX生産管理」は、生産管理に必要な最小限の機能を搭載し、事業規模にあわせて機能を追加できる。受発注管理、在庫管理、販売管理としても利用できる。

 システムエグゼの「EXEX生産管理」は中小企業向けの生産管理パッケージだ。受発注管理、在庫管理、販売管理としても利用可能だ。NTTコミュニケーションズのパブリッククラウド「Cloudn」をベースとしたクラウド版も提供する。

 生産管理に必要な最小限の機能を搭載し、事業規模にあわせて機能追加していくといった運用が可能である。初期費用を抑え、手軽にシステムの運用を始められるとしている。

 アクセス権限を設定することで、不要なメニューや項目を非表示にできる。利用者の担当業務に必要な情報だけが表示されるため操作がシンプルである。業務データはワンクリックでグラフ化され、生産状況の共有や業務データの分析も容易である。

 多言語に対応するため、海外拠点でも利用可能。日本語、ベトナム語、タイ語、中国語、英語、ミャンマー語に標準で対応している。海外工場の現地スタッフが母国語で運用できるため、操作や入力のミスを減らせる。

EXEX生産管理の画面
EXEX生産管理の画面(システムエグゼ提供)
EXEX生産管理の概要
用途と機能中小企業向けの生産管理パッケージ
特徴生産管理に必要な最小限の機能を搭載し、事業規模にあわせて機能を追加していける。受発注管理、在庫管理、販売管理の各システムとしても利用可能
導入企業DIPSOL、ASUZAC、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  2. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  3. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  4. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  5. 「Nutanix Software Choice」新たな選択肢で得られる本当の価値とは?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
PLM/PDM
生産管理
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]