ファイル共有 日本ワムネット

GigaCC:承認ワークフローとアクセス制御に対応したファイル共有サービス

ファイル共有サービスの「GigaCC」は、承認ワークフローやアクセス制御などの管理機能を備える。承認ワークフローは、企業ポリシーにあわせて変更できる。

 日本ワムネットの「GigaCC」は、承認ワークフローやアクセス制御などの管理機能を備えたファイル共有サービスである。基本機能「GigaCC ASP/OFFICE」、ファイル閲覧「GigaCC View」、ファイル転送「GigaCC トラスト便」のサービス構成となっている。ブラウザから利用するほか、iOS向けの専用アプリも提供する。

 GigaCC ASP/OFFICEは、ファイル共有とファイル送信の機能を提供。ファイル共有では、フォルダ単位やアカウント単位でアクセス権限を設定できる。ファイルやフォルダをアップロードする際に承認ワークフローを利用することも可能。すべての承認者からの承認後にアップロードされる方式や、いずれか1人の承認者からの承認後にアップロードされる方式、担当者不在時における代理承認者の設定など、企業ポリシーにあわせて柔軟に運用できる。

 Office文書とPDFファイルはダウンロードする前に内容をプレビュー表示する。アップロードされているファイルにコメントとメタ情報を付け、それをもとにキーワード検索することも可能だ。

 ファイル送信は、取引先などのゲストユーザーに対して、ファイルをダウンロードするURLを電子メールで送信することができる。ファイル共有機能と同様に承認ワークフローの設定が可能だ。

 GigaCC Viewは、ブラウザでOffice文書やPDFファイル、動画ファイルを参照する機能。相手にファイルを渡さず、内容だけを伝えたい場合に利用する。ファイルのダウンロード、転送、コピー、印刷はできない。参照期間を設定する機能も備える。

 GigaCC トラスト便は、GigaCC ASP/OFFICEの下位サービスで最大2Gバイトのファイル送信機能を提供する。

GigaCC ASP/OFFICEのファイル共有サービス
GigaCC ASP/OFFICEのファイル共有サービス(日本ワムネット提供)
GigaCCの概要
用途と機能承認ワークフローやアクセス制御などの管理機能を備えたファイル共有サービス
特徴基本機能のGigaCC ASP/OFFICE、ファイル閲覧のGigaCC View、ファイル転送のGigaCC トラスト便という3つのサービス構成となっている
動作環境OS:Windows XP/Vista/7/8、OS X 10.4/5/6/7/8/9
ブラウザ:Internet Explorer 6/7/8/9/10/11、Mozilla Firefox、Google Chrome、Safari
税別価格初期費用:2万円、月額料金:7万5000円(20アカウント)から
導入企業みずほ銀行、鹿島建設、集英社、小学館、住友商事、TBSテレビ、パルコ、フジテレビジョン、マガジンハウス、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan