クラウド PaaS サイボウズ セイコーソリューションズ サイボウズスタートアップス株式会社

請求書などにタイムスタンプ付与するkintone連携サービス--電子帳簿改正受け

サイボウズスタートアップスはPaaS「kintone」と連携するサービス「タイムスタンプ for kintone」を提供開始した。kintoneで電子帳簿を保存するために必要なタイムスタンプを付与できる。

 2015年度の税制改正によって2015年9月30日以後の申請分から3万円以下の領収書もスキャナ保存が可能になった。これは電子帳簿保存法にあった従来の金額基準が廃止されたためであり、電子署名も不要になったためタイムスタンプを付与するだけで電子保存できるようになった。

 こうした背景を受けて、サイボウズスタートアップスは3月15日、サイボウズが提供するPaaS「kintone」と連携するサービス「タイムスタンプ for kintone」を提供開始した。

 同サービスはkintoneで電子帳簿を保存するために必要なタイムスタンプを付与するというもの。請求書や領収書、納品書などの書類をスキャナ保存し、kintoneアプリ内に添付ファイルとして登録すると、プロセス管理であらかじめ設定しておいたステータスになると自動的にタイムスタンプを付与する仕組みとなっている。

 kintoneの利用者は特別な操作をする必要がなく、操作漏れが発生しないという。また、決算の締め後などに登録情報を変更できないように、kintoneアプリの対象レコードを編集、削除できなくする。

タイムスタンプ for kintoneの概念図
タイムスタンプ for kintoneの概念図(サイボウズスタートアップス提供)

 タイムスタンプは、デジタルデータにいつから存在しているのかということと改ざんされていないことを証明するために必要となる情報。そのため、一般社団法人日本データ通信協会が認定する、第三者の時刻認証業務認定事業者(Time Stamp Authority:TSA)であるセイコーソリューションズが提供する長期署名クラウドサービス「eviDaemon」と連携し、国税関係書類の保存要件に適合する10年間を保証するタイムスタンプの付与を可能にしている。

 そのほか、タイムスタンプ漏れを防止する自動チェック機能や、タイムスタンプが付与された帳票ファイルの一括出力機能も備える。

 価格は初期費用は無料で、付与できるタイムスタンプが月100回までのライトコースが月額9000円、月5000回までのスタンダードコースが月額1万5000円。kintoneのスタンダードコースのライセンス(1ユーザーあたり月額1500円)が別途必要になる。

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  2. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 日本語Wikipedia全件データの100倍?!1億文書の検索システムをつくってみた~その結果…
  5. 「残業するな」は、働き方改革には逆効果!?正しいアプローチとは

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan