SCM

Infor Supply Chain Planning:ディスクリートとプロセスに対応のSCM計画ソフト

サプライチェーン計画ソフトウェアの「Infor Supply Chain Planning」は、ベイジアンアプローチの統計予測エンジンや制約ベースのロジックによる最適化などの機能を搭載。ディスクリートとバッチプロセスの両生産方式に対応する。

 インフォアジャパンの「Infor Supply Chain Planning」は、サプライチェーン計画ソフトウェアである。ベイジアンアプローチの統計予測エンジンや、総合的なwhat-ifシミュレーション機能、制約ベースのロジックによる最適化などの機能を搭載。ディスクリート生産とバッチプロセス生産環境の両方に対応し、組織横断で詳細なモデルを作成することで、資産を最大限に活用できるようにする。

 「Infor Demand Planning」は、高度な予測アルゴリズムを備えた需要予測モジュールをはじめ、インベントリ管理、補充計画、コラボレーション、サービス&オペレーションプランニングなどのモジュールで構成。予測の精度を高めて、知識を共有し、販売計画とオペレーション計画を改善する機能を提供する。

 「Infor Advanced Planning」は、トレードオフの計算などすべての制約条件を満たしながら企業資産を有効活用できる最適な製造計画を作成。複数のサイトをまたがる計画の策定や利益の出る製品混合バランス、品質保持期限を考慮した作り貯め、需要や利用可能な原材料の制約に合わせた製品レシピや処方の選択などを可能にする。

 「Infor Advanced Scheduling」は、制約ベースのロジックに最適化の機能を組み合わせることにより、全生産ライン上のオペレーションを、相互依存性を考慮しながら一斉にスケジューリング。混合、調合、醸造、調理、化合、蒸留といった生産プロセスを持つメーカーに特有の課題にも対処できる。

 「Infor Network Design」は、最適なサプライチェーンネットワークを設計、調整する機能を提供。サプライチェーンコストの削減、サイクルタイムの短縮、在庫レベルの低減などを支援する。

 「Infor Supplier Exchange」は、ウェブベースのサプライヤリレーションシップ管理ソリューション。部品納入業者の所在や使用しているシステム、言語に関わらず、コラボレーションとサプライチェーン実行の効率化を促進する。

Infor Supply Chain Planningの画面
Infor Supply Chain Planningの画面(インフォアジャパン提供)
Infor Supply Chain Planningの概要
用途と機能サプライチェーン計画ソフトウェア
特徴ベイジアンアプローチの統計予測エンジンや、総合的なwhat-ifシミュレーション機能、制約ベースのロジックによる最適化などの機能を搭載する。ディスクリート生産とバッチプロセス生産環境の両方に対応する
導入企業AB World Foods、Harris Ranch Beef、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  2. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 許可されていないクラウドサービスの利用が半数近くにも!調査結果に見るクラウド利用の実態
  5. 調査結果で“はっきり”と差が出た!業績好調企業と不振企業の課題設定と取り組み

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
購買管理
SCM
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan