帳票管理 コクヨ

@Tovas:APIで連携できる帳票データ配信サービス--トレーサビリティも提供

クラウドサービスの「@Tovas」は、PDFやCSV形式などで作成した帳票データをファクスやファイルで配信する。ほかの業務ツールと連携するためのAPIを備え、情報トレーサビリティなどのサービスも提供する。

 コクヨの「@Tovas(あっととばす)」は、PDF形式などで作成した帳票データをファクスやファイルで配信するクラウドサービスである。専用サーバなどの機器類の購入や専用線の契約が不要なため、低コストかつ短納期での導入が可能。帳票ツールや業務ツールと連携するためのAPIを備え、セキュリティや情報トレーサビリティのサービスも提供する。

 専用のクライアントソフトをインストールしたPCからインターネット経由でファクス送信を依頼すると、TIFFやPDF形式の帳票を相手先のファクス機や複合機に直接送信する。連携モジュールを利用して送信を自動化したり、宛先をCSV形式のマスタで定義したりすることも可能。送達状況は管理画面から確認できる。

 送信手段はファクス送信のほかに、ファイル送信、「往復便」「私書箱送信」、郵送代行を利用できる。ファイル送信では、@Tovasのサーバにファイルをアップロードし、ファイルを受け取る相手にダウンロード先URLが書かれた通知メールを送る。往復便はファイル送信にワンタイムの受信機能を付加したサービス。私書箱送信は取引先ごとにサーバ上にデータやり取り用の専用領域を確保する。

 システム連携では、「サーバAPI」「クライアントAPI」「伝票@Tovas自動連携モジュール」を用意。サーバAPIは業務ツールとの連携を可能にする独自のXML/SOAPインターフェースを、クライアントAPIはノンプログラミングでの配信基盤構築が可能なミドルウェアを、伝票@Tovas自動連携モジュールは帳票生成オプション機能「伝票@Tovas」へのファイルアップロードを自動化するJavaモジュールを提供する。

 管理者向けに情報トレーサビリティの管理機能「統合管理センター」を提供。ウェブ管理画面から送受信履歴の確認、ファイル送信や私書箱で送られたファイルのダウンロード、アカウントの増減や権限を管理できる。送受信の履歴確認では、誰がいつ誰に何を送ったかだけでなく、先方が受信したかどうかまで監視、管理可能である。

 そのほか、送信したデータの原本を第三者機関によって保証する「電子公証サービス」、送受信記録と内容の第三者による証明を付加して送信する「セキュアードサービス」、ファイル暗号化と利用権限を制御するサービスなどがある。

@Tovasのウェブ管理画面
@Tovasのウェブ管理画面(コクヨ提供)
@Tovasの概要
用途と機能PDFやCSV形式などで作成した帳票データをファクスやファイルで配信するクラウドサービス
特徴専用サーバなどの機器類の購入や専用線の契約が不要なため、低コストかつ短納期での導入が可能。帳票ツールや業務ツールと連携するためのAPIを備え、セキュリティや情報トレーサビリティのサービスも提供する
クライアント環境Windows 7/8
税別価格【エコノミーパック】
アカウントあたり初期契約料3000円、月額1000円、ファイル送信と私書箱送信が1送信あたり50円

【ビジネスパック】
アカウントあたり初期契約料3000円、月額3000円、ファイル送信と私書箱送信が250送信まで無料、以降は50送信単位で500円、など
導入企業キヤノンカスタマーサポート、ジョンソンコントロールズ、丹青社、DOWAホールディングス、富士通コワーコ、日教販、王子エンジニアリング、大田花き、アイシン化工、ナカ工業、クレスコ、グリーンズ、ティーディーエス、富士ビジネス、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「帳票管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]