IaaS PaaS アマゾン ジャパン Amazon Web Services

Amazon Web Services:スマートに使いこなすためのガイド

アマゾンが提供する拡張性のあるクラウドサービスの概要、よくあるユースケース、技術的限界など、Amazon Web Services技術を導入するにあたって知っておくべきことをご紹介する。

 クラウドコンピューティングの台頭により、企業はコストをかけて面倒な作業を行ってデータセンターを構築することなく、迅速にコンピューティングリソースをプロビジョニングできるようになった。

 低価格のクラウドサービスを提供した最初の大型ベンダーがAmazon Web Services(AWS)だ。現在でも、AWSはクラウドコンピューティングで最大のプレイヤーとして君臨している。クラウドコンピューティングを利用すれば参入障壁が下がることから、写真共有サービス「Imgur」などのスタートアップ企業の誕生をもたらした。既存企業でも、たとえばNetflixは自社のワークロードをAWSに移行することでコストを削減しつつ実装の複雑性を削減している。

 このAWSガイドでは、現時点のAmazonのクラウドエコシステムをわかりやすく説明する。

残り本文:約3340文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  2. 調査結果:経営層と情シスの意識にギャップあり!利用・検討中のクラウドサービスに求める条件と効果は?
  3. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  4. ITRアナリスト浅利氏解説:組織/ビジネス強化に有効なクラウドERP--ユーザー自ら導入で迅速展開
  5. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan