文書管理 IDC Japan

国内プリント/文書管理、技術導入は進むが教育や管理プロセスに遅れ

IDC Japanが国内プリント/ドキュメント管理成熟度に関するユーザー調査結果を発表。技術導入は進んでいるものの、社内教育や管理プロセス構築への対応が遅れていることが分かった。

 多くの企業がプリントやドキュメント管理に関する技術導入を進めたものの、その技術を活用するための社内教育や管理プロセス構築への対応が遅れている――。IDC Japanは3月14日、国内プリント/ドキュメント管理成熟度に関するユーザー調査結果を発表した。

 2015年11月にオフィスプリントの導入判断に関係する800人に対してウェブアンケートを実施。

 国内オフィスプリント環境の導入判断者に対して、プリント管理とドキュメント管理の実態、MPS(Managed Print Services)の導入状況、モバイル/クラウドプリントの導入状況などについて調査し、これらを総合して国内のプリント/ドキュメント管理の成熟度を独自指標「IDC MaturityScape Benchmark」に基づいて分析したもの。

残り本文:約905文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  4. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  5. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]