ERP オロ

ZAC Enterprise:プロジェクトごとの収支管理や原価計算ができるクラウド型ERP

クラウド型ERPシステムの「ZAC Enterprise」は、業務管理機能をベースに、プロジェクト収支管理、管理会計、経営モニタリングの機能を提供。プロジェクトごとの収支管理や原価計算が可能である。

 オロの「ZAC Enterprise」は、企業内での業務処理と情報共有を支援するクラウド型統合基幹業務(ERP)システムである。業務管理機能をベースに、プロジェクト収支管理、管理会計、経営モニタリングの機能を提供。案件やプロジェクト別の収支や部門収支をモニタリングすることで、赤字プロジェクトを明らかにし、経営判断を迅速化する。

 各機能はモジュール単位で導入、利用できる。基幹業務であるプロジェクト管理機能では販売管理、購買管理、勤怠管理、工数管理、経費管理、在庫管理をモジュールで提供する。情報共有基盤であるグループウェア機能では、工程管理、スケジュール管理、文書管理、コンタクト管理、経営モニタリングをモジュールで提供する。

 プロジェクト管理機能では、仕入、勤怠、工数、経費の各データをプロジェクトごとに集約してコストを管理し、収支状況を確認できる。間接費や共通費を配賦基準に応じてプロジェクトに賦課することで、より精度の高いプロジェクトごとの原価計算が可能になる。

 業務管理では、プロジェクト管理に必要な、経費、勤怠、工数、原価、仕掛などの管理を統合。請求や支払管理をシステム化することで、二重入力や管理の煩雑化、請求漏れなどをなくす。

 システム共通機能として、ワークフロー機能、経営レポートの出力機能、財務会計システムなどとの外部システム連携機能を提供する。財務会計システムは、大塚商会の「SMILE BS」「SMILEes」、オービックビジネスコンサルタントの「奉行V ERP」、ミロク情報サービスの「Galileopt NX-I」「MJSLINK NX-I」、スーパーストリームの「SuperStream-NX」などと連携可能。

 経費精算の際に経路検索ソフト「駅すぱあと」と連携する機能や社外からのシステム利用を可能にする機能もオプションで提供する。社外接続オプションは、PC、タブレット、スマートフォンに対応。ブラウザで専用URLにアクセスし、社外接続用の認証をすることで社内と同様に利用できる。

ZAC Enterpriseの機能一覧
ZAC Enterpriseの機能一覧(オロ提供)
ZAC Enterpriseの概要
用途と機能業務処理と情報共有を支援するクラウド型統合基幹業務(ERP)システム
特徴業務管理機能をベースに、プロジェクト収支管理、管理会計、経営モニタリングの機能を提供。案件やプロジェクト別の収支や部門収支をモニタリングすることで、赤字プロジェクトを明らかにし、経営判断を迅速化する
クライアント環境Windows 7/8/8.1/10、MacOS X
導入企業INA新建築研究所、フラッグ、JTBプランニングネットワーク、京急アドエンタープライズ、住友林業情報システム、ディー・エル・イー、エコード、ADKインターナショナル、エイド・ディーシーシー、アラヤ、ワイズインテグレーション、神鋼リサーチ、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan