ERP 伊藤忠テクノソリューションズ

IaaS「CUVICmc2」にERP「S/4HANA」--2017年春から利用

安川情報システムは、IaaS「CUVICmc2」にERP「SAP S/4HANA」を採用、今夏から構築を開始し、2017年春からの利用を予定している。

 安川情報システムは、統合基幹業務システム(ERP)に「SAP S/4HANA」を採用し、システム基盤として伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)が提供するIaaS「CUVICmc2」を採用する。2016年夏から構築を開始し、2017年春からの利用を予定している。3月10日に発表された。

 安川情報システムは、産業用ロボットやサーボモーターなどを開発、生産する安川電機の情報関連グループ会社として、設立以来約40年、安川電機とグループ会社の基幹システムの構築と運用を担当している。

 2011年から安川情報システムが進めるERPのグローバル展開やグループ展開では、独自テンプレートの開発やコード体系の標準化などを進めてきた。ERPパッケージ「SAP ERP」を約2年間でアジア6拠点に展開し、現在までに国内外14拠点への展開を完了している。また業務運用支援として「SAP Solution Manager」の導入も進めている。

 CUVICmc2は、SAP製アプリケーションをはじめとする基幹系システムに特化したIaaS。性能保証、高セキュリティ、実使用料による従量課金が特長のパブリッククラウドで、20%から50%のコスト削減が期待できる。

 安川情報システムは今回、クラウド上にS/4HANAを構築することで、インフラへの投資コストを抑制し、アプリケーションへの戦略的投資に集中する。ノウハウを蓄積し、アプリケーションの開発と運用と合わせてCUVICmc2を使用したSAPアプリケーションを展開していくことで、ユーザーの競争力強化につながるシステムを提供していく。

 同社は基幹システムの構築と運用のノウハウを生かし、主に製造業のユーザー向けにSAP ERP移行や関連システムとの連携などのサービスを提供していく。今後は、運用支援に向けた、SAP認定コンサルタントが常駐するグローバルサービスセンター(コールセンター)の開設も予定している。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  2. 働き方改革、買い手優位の市場、いまこそ見直すべき『営業力』最高でも最安でもなければ「営業力」が必要
  3. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  4. データベースがビジネスのボトルネックになっていませんか?性能アップを10分の1のコストで実現を
  5. マネージャーに知ってもらいたい。社員の貢献意欲を向上させる魔法のような7つのヒント

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]