IaaS NEC

タカラトミー、販売システムをIaaSで刷新--基幹系をNECデータセンターに移行

タカラトミーは、NECのクラウドとハウジングサービスを用いて基幹システムを刷新した。運用コストの削減や事業継続性の向上などを見込んでいる。

 タカラトミーは、NECのクラウドとハウジングサービスを用いて基幹システムを刷新した。システムの運用管理にかかるコストの削減を見込んでいる。NECが3月9日に発表した。

 大手玩具メーカーのタカラトミーは、販売システムの基盤サーバをクラウドサービス「NEC Cloud IaaS」の仮想サーバ6台に、会計や物流、調達購買などのシステム向けの基盤サーバ約100台をハウジングサービスに移行した。

残り本文:約907文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ
  2. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  3. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  4. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  5. リスク急増!広がる「BYOC(個人用クラウドの持ち込み)」ほか、頭の痛いネットワークの課題を考える

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan