IaaS NEC

タカラトミー、販売システムをIaaSで刷新--基幹系をNECデータセンターに移行

タカラトミーは、NECのクラウドとハウジングサービスを用いて基幹システムを刷新した。運用コストの削減や事業継続性の向上などを見込んでいる。

 タカラトミーは、NECのクラウドとハウジングサービスを用いて基幹システムを刷新した。システムの運用管理にかかるコストの削減を見込んでいる。NECが3月9日に発表した。

 大手玩具メーカーのタカラトミーは、販売システムの基盤サーバをクラウドサービス「NEC Cloud IaaS」の仮想サーバ6台に、会計や物流、調達購買などのシステム向けの基盤サーバ約100台をハウジングサービスに移行した。

残り本文:約907文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  4. 今後増加しそうな「名ばかり機械学習 セキュリティ」を見極める3条件--どれが欠けてもダメ
  5. 「オフィスにいなくても仕事ができる」は「24時間仕事をしろ」ではない!VDI導入の本当の恩恵

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan