SIEM 情報処理推進機構 トレンドマイクロ

使いこなせなくては意味がない--“サービスとしてのSIEM”の可能性

サイバー攻撃対策として「SIEM」に大きな期待が集まるが、自社で構築して運用していくのは容易ではない。最適解はどこにあるのか。

 企業からの情報漏えいが止まらない。日本年金機構の個人情報流出事件を筆頭に、直近でも江崎グリコが保有する8万件超の個人情報が不正アクセスによって流出した可能性が報じられた。

 特定の企業や組織を標的にしたサイバー攻撃が猛威を振るう中、企業のセキュリティに対する意識は確実に高まっている。独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が2016年2月に発表した調査「情報セキュリティ10大脅威2016」によると、組織における脅威の1位は「標的型攻撃による情報流出」、2位は「内部不正による情報漏えい」となった。企業は今、社内外を問わず情報漏えい対策を講じていくことが求められているのである。

 では、実際はどうなのだろうか――。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1529文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  2. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  3. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  4. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  5. 講演関連資料:クラウド型コンタクトセンター導入の3つのポイント

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]