生産管理

Factory-ONE 電脳工場MF:見込みと個別受注に対応の中堅中小向け生産管理システム

生産管理システムの「Factory-ONE 電脳工場MF」は受注、出荷、資材所要量計画、発注、受け入れ、在庫、負荷、進捗、原価までの生産プロセスの情報を統合的に管理。見込み生産と個別受注生産にモジュール方式で対応する。

 エクスの「Factory-ONE 電脳工場MF」は、中堅中小企業向けの生産管理システムである。生産計画の立案から受注、出荷、資材所要量計画、発注、受け入れ、在庫、負荷、進捗、原価までの生産プロセスの情報を統合的に管理する。生産管理システムでありながら、請求と売掛管理、支払いと買掛管理、販売分析などの販売管理機能も標準装備する。

 加工や組み立て、プロセス生産など幅広い業種業態に対応可能なことが特徴である。複数の生産形態に対応するために、管理手法の異なるモジュールを用意している。

 具体的には、量産と繰り返し(受注、見込み)生産形態に対応する「MRP版」、個別受注生産と準標準品の受注生産形態に対応する「製番管理版」、個別受注生産と量産が混在した生産形態に対応する「ハイブリッド版」の3種類を提供。これに「販売管理ベース」を加えた合計4つのモジュールで構成する。ユーザー企業は、必要なモジュールだけを導入することが可能だ。

 同社は、システムをカスタマイズするユーザーに対して、さまざまな技術情報を提供している。プログラムのソースコードやデータベースのテーブルも開示するという。

 最新版のR3.0では、ユーザーインターフェースと多言語対応を強化した。ユーザーインターフェースでは、カラーポリシーやアイコンによるボタン表現など、直感的で分かりやすい操作性を追及したとしている。さらに、パッケージライセンス費用の支払いに従来の一括方式に加えて、初期投資を抑えられる月額使用料金制を用意した。

Factory-ONE 電脳工場MFのシステム構成
Factory-ONE 電脳工場MFのシステム構成(エクス提供)
Factory-ONE 電脳工場MFの概要
用途と機能中堅中小企業向けの生産管理システム
特徴生産計画の立案から受注、出荷、資材所要量計画、発注、受け入れ、在庫、負荷、進捗、原価までの生産プロセスの情報を統合的に管理。見込み生産と個別受注生産にモジュール方式で対応する
動作環境【サーバ】
CPU:Intel Xeonまたは同様のCPU、メモリ:4Gバイト以上、OS:Windows Server 2003/2008 R2、データベース:Oracle 10g(R2以降)/11g(R1、R2)
【クライアント】
CPU:Intel Core 2 Duoまたは同等以上のCPU、メモリ:2Gバイト以上、OS:Windows XP Pro SP3/Vista Business SP2/7 Pro
税別価格生産管理 基本サーバ:360万円、販売管理:100万円から
導入企業ケイティーエス、JFE機材フォーミング、末広工業、住鉱潤滑剤、新晃グループ(新晃工業、新晃空調工業)、ベストリビング、など

「生産管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
PLM/PDM
生産管理
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅
  2. 仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム
  3. スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る
  4. Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に
  5. 偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]