ERP 日本オラクル

ライトウェル、データベースアップグレード検証にPaaSを採用

住友重機械工業グループでITソリューションを提供しているライトウェルは、データベースのアップグレードを比較検証するため、パブリッククラウドサービスを採用した。

 住友重機械工業グループでIT製品やサービスを提供しているライトウェルは、データベースのアップグレードを比較検証するため、パブリッククラウドサービスを採用した。クラウドサービスや検証ツールを提供した日本オラクルが3月8日、発表した。

 ライトウェルは、グローバルに展開する住友重機械工業グループの情報システム会社として、システム開発、インフラ構築、運用サービスに加え、製造業の設計・製造支援などのIT製品やサービスを提供している。

 同社では2015年8月、「Oracle Cloud Platform」製品群で、データベース環境をクラウドで提供する「Oracle Database Cloud Service」を採用、「Oracle Database」の一機能であるテスト・ツール「Oracle Real Application Testing」を活用して、データベースのアップグレードを検証した。Oracle Real Application Testingは、データベースのテスト工数を大幅に削減する機能で、ライトウェルでは本機能を活用した大規模なプロジェクト実績を有している。

 検証では、ライトウェルの社内システムで利用しているオンプレミスのOracle Database環境に関して、他社のパブリッククラウドサービス上で稼働するOracle Database と、Oracle Database Cloud ServiceにおけるOracle Databaseを利用したデータベースアップグレードの比較を実施し、以下の効果を確認した。

残り本文:約329文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan