ファイル共有 オープンソース・ソリューション・テクノロジ

ThothLink:社内ファイルサーバをクラウド化--社外とファイルを共有

ファイル共有ソフトウェアの「ThothLink」は、既存のファイルサーバやNASを利用して、社内外でファイルを共有する。ブラウザからリモートアクセスできる。

 オープンソース・ソリューション・テクノロジの「ThothLink(トートリンク)」は、ブラウザから社内ファイルサーバへのリモートアクセスを可能にするファイル共有ソフトウェアだ。既存のファイルサーバやネットワーク接続ストレージ(NAS)を利用して、社内外のファイル共有を可能にする。

 クライアント端末に専用のアプリケーションや通信ソフトウェアをインストールする必要はない。多拠点でファイルサーバを共有する際にも、ネットワーク構成を変更したり、仮想私設網(VPN)を構築したりしなくて済む。

 HTML5対応のブラウザを利用して、ドラッグ&ドロップの操作だけで一度に複数のファイルをアップロードできる。1ファイルにつき10Gバイトまでアップロード可能。PCのほかに、iOSとAndroidを搭載するスマートデバイスからもアクセスできる。

 Windowsファイルサーバのアクセス権限を引き継げるため、ThothLink側での管理設定は不要である。SSL(HTTPS)による暗号化通信にも対応する。

ThothLinkのファイル操作画面
ThothLinkのファイル操作画面(オープンソース・ソリューション・テクノロジ提供)
ThothLinkの概要
用途と機能ブラウザから社内ファイルサーバへのリモートアクセスを可能にするファイル共有ソフトウェア
特徴既存のファイルサーバやNASを利用して、社内外のファイル共有を可能にする。クライアント端末に専用のアプリケーションや通信ソフトウェアをインストールする必要はない
サーバ環境RedHat Enterprise Linux 7/6(x86_64)、CentOS 7/6(x86_64)
ファイルサーバ環境Samba 3.0以降が動作するCIFS(SMB)サーバ、Windowsファイルサーバ(Windows2000/2003/2008/2012)、CIFS対応のNAS
クライアント環境Windows Vista/7/8/8.1/10、MacOS X、iOS、Android、Kindle Fire
税別価格製品価格が60万円。サポート料金が年額24万円

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  2. EDR導入を絶対に失敗したくない人に贈る、セキュリティ対応の5つ課題とEDR選定の11のポイント
  3. アナリティクスのPDCAサイクルを自動化!マツモトキヨシのマーケティング戦略を支える分析基盤
  4. AIと位置情報でユーザー体験を高度化 - スマートデバイス時代にふさわしい無線LANサービスとは
  5. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]