ウェブ会議

EyeVision Neo:0.3秒以内の低遅延が特徴のウェブ会議システム

ウェブ会議システムの「EyeVision Neo」は、受信側での画像と音声の遅延を0.3秒以内に抑えられるという。テレビ会議に加え、ライブ視聴、ライブ配信、1対1映像通話という4つのモードがある。

 ENWAの「EyeVision Neo」は、低遅延が特徴のウェブ会議システムである。受信側での画像と音声の遅延を0.3秒以内に抑えられるとしている。ASP型とクライアント/サーバ型があり、Windowsやスマートフォン、タブレットから利用できる。

 テレビ会議に加え、ライブ視聴、ライブ配信、1対1映像通話の4つのモードがあり、利用シーンに応じて使い分けられる。例えば、ライブ配信モードでは、複数拠点に一方向で映像を配信しながら、音声は双方向に設定して会議するといったことが可能だ。

 操作性の高さも特徴の1つ。「BoddyList」からメンバーを選び出し、会議開設ボタンをクリック、画質を指定すれば3クリックで会議を始められる。

 対象PCの画面共有と遠隔操作を可能にするデスクトップ共有機能も備えている。単一の画面で参加者の映像と共有画面を表示するシングル画面と、複数の画面を使って参加者の映像と共有画面を別々のディスプレイに表示するマルチ画面を設定できる。

EyeVision Neoの画面
EyeVision Neoの画面(ENWA提供)
EyeVision Neoの概要
用途と機能低遅延が特徴のウェブ会議システム
特徴テレビ会議に加え、ライブ視聴、ライブ配信、1対1映像通話の4つのモードがある。操作性の高さも特徴の1つで、3クリックで会議を始められる。対象PCの画面共有と遠隔操作を可能にするデスクトップ共有機能も備える
税別価格ASP版のビデオ会議機能は1IDあたり月額5000円から、ビデオ会議+ライブ配信機能は1IDあたり月額6000円から、いずれも5IDから利用できる
導入企業テクノ・トッパン・フォームズ、竹中土木、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. 「オフィスにいなくても仕事ができる」は「24時間仕事をしろ」ではない!VDI導入の本当の恩恵
  4. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  5. 今後増加しそうな「名ばかり機械学習 セキュリティ」を見極める3条件--どれが欠けてもダメ

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan