マイナンバー

マイナンバー管理の始め方(2):データセキュリティを全体的に見直す機会

スタートしたばかりのマイナンバーだが、まだまだ十分に対応しているという企業は多くないようだ。セキュリティリスクが絡む問題であるため、誤れば経営的な危機を迎える可能性もある。後編は、データセキュリティ全体を見直す機会になるという指摘をする。

 第1回では、企業がマイナンバー管理を始めるに当たり、データの暗号化自体が目的ではないことや特権IDを持つ管理者のアクセス制限も重要な施策であることを紹介した。後編では、マイナンバー管理の施策が、企業にとってセキュリティ対策全体を見直す良い機会になることを指摘する。

 マイナンバー対応は、企業にとってビジネス上のメリットが発生するわけでもなく、負担ばかりが目立ってしまうが、しかし既に施行されている以上、積極的に取り組んでいくしかない。

 例えば、マイナンバーの漏えい対策を進めることで、データベースセキュリティや暗号化ソリューションを活用し、そのほかの社内データの安全性も向上させていくことにつなげるという考え方だ。

残り本文:約774文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. 人手がかかりすぎるから脱却するには?:「脅威インテリジェンスの活用と自動化」によるアプローチ
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. “できる中小企業”の人材採用――事例から紐解く「コア人材」獲得のポイントとは?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan