帳票管理 インフォマート

BtoBプラットフォーム請求書:請求書の発行と受け取りの電子化サービス

電子請求書サービスの「BtoBプラットフォーム請求書」は、請求書の発行と受け取りを電子化する。発行業務の作成や印刷などをなくし、受け取りでは、取引先が即座に受け取られるようになる。

 インフォマートの「BtoBプラットフォーム請求書」は、請求書の受け取りと発行を電子化する電子請求書サービスだ。企業間における請求書を電子化することで、請求処理にかかるコストと時間を減らして業務を効率化する。

 請求書の受取業務については、取引先が発行後に即座に請求書を受け取れるようになる。月次決算が素早くできるためタイムリーに経営判断できたり、手入力に比べてより正確に会計処理できたりといったメリットもある。

 請求書の発行業務については、作成、印刷、封入の作業をなくしたり、紙代、封筒代、郵送代といった経費を減らしたりというメリットがある。取引先が請求書を確認したかどうかの状況を確認することも可能だ。

 データは、国内最高レベルの管理体制があるデータセンターで管理し、全サーバを二重化しているという。データバックアップは毎日実施しており、24時間365日体制のサーバ保安監視システムを導入しているとしている。

BtoBプラットフォーム請求書の概要
用途と機能請求書の受け取りと発行を電子化する電子請求書サービス
特徴企業間における請求書を電子化することで、請求処理にかかるコストと時間を減らして業務を効率化する
税別価格システム利用料は月額5000円から。取引先の企業数によって変動
導入企業野村證券、ラウンドワン、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan