ウェブ会議 ブイキューブ

V-CUBEミーティング:HD画質のウェブ会議サービス--Office 365とも連携

クラウド型ウェブ会議システムの「V-CUBEミーティング」は、映像コーデック「H.264/SVC」を利用することにより、テレビ会議にも劣らない高画質を提供する。「Office 365」との連携も可能だ。

 ブイキューブの「V-CUBEミーティング」は、ハイビジョン(HD)画質に対応したクラウド型ウェブ会議システムである。映像コーデック「H.264/SVC」を利用することにより、ウェブ会議でもテレビ会議に劣らない高画質を提供する。

 複数の拠点で映像と音声を共有しながら会議を開くことができる。PCのほかに、スマートフォンやタブレットからも会議に参加可能で、外出中や移動中で話しにくい状況でもテキストチャットでやり取りできる。

 PCの画面を共有すれば、議論したい資料やデータを参加者で確認しながら会議を進められる。また、指さし機能を使うことで、共有された側が資料の修正箇所などを的確に指し示せる。

 「Office 365」との連携も可能。Office 365のIDでシステムにログインしたり、ウェブ会議やウェブセミナーをOutlookの予定表に予約登録したりできる。

V-CUBEミーティングの画面
V-CUBEミーティングの画面(ブイキューブ提供)
V-CUBEミーティングの概要
用途と機能HD画質に対応したクラウド型ウェブ会議システム
特徴H.264/SVC映像コーデックで利用することにより、ウェブ会議でもテレビ会議に劣らない高画質を提供する
税別価格同時接続数10件のエントリープランで初期費用が4万5000円、月額料金が4万4900円
導入企業ベネッセコーポレーション、北野建設、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. BIからBA、そしてコグニティブに至る上での落とし穴
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan