マーケティング NEC

NEC、自販機にクレカや電子マネーなど複数対応の決済基盤--通信モデムも

NECは複数の決済手段に対応した自動販売機向け決済基盤を9月から提供する。クレジットカードのほかにFeliCaベースのnanacoやWAONなどの電子マネーなどに対応する。

 NECは3月4日、グローバルな決済手段に対応した自動販売機向け決済基盤を発売すると発表した。訪日外国人旅行者の利便性向上や需要の取り込みを狙う。提供開始時期は9月を予定している。

 自動販売機に取り付ける決済端末や複数の決済サービス事業者との中継、連携を一括して行うマルチサービスゲートウェイなどから構成されるもの。

 FeliCaベースの「iD」「nanaco」「QUICPay」「楽天Edy」「WAON」に交通系ICなど国内の各種電子マネーに加え、グローバルな決済手段である磁気ストライプ、接触IC、非接触ICがベースのVISA、MasterCardなど各種クレジットカードやデビットカード、「au WALLET」などのプリペイドカードに決済端末1台で順次対応する。中国最大規模のオンライン決済サービス「支付宝(アリペイ)」をはじめとするQRコードを利用したオンライン決済にも対応予定。

 従来は個々に購入が必要であった決済端末と通信モデムを一体化して提供することで、自動販売機への取り付けを容易にして導入費用を低減する。

 訪日外国人旅行者は2013年に初めて1000万人を突破し、2015年は1973万人にまで拡大しており、2020年に向けて今後も増加が見込まれている。

 こうした中、現在の自動販売機は、主に現金と国内の各種電子マネーのみに対応しており、インバウンド需要の取り込み拡大に向けて訪日外国人旅行者が保有する各種クレジットカード、デビットカードなどグローバルな決済手段への対応が課題となっている。

「マーケティング」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
CMS
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  2. 経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説
  3. パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策
  4. DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点
  5. サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]