VR・AR

ヘルスケアを変える拡張現実(AR)と仮想現実(VR)--7つの事例

企業や研究者は、ヘルスケアを改善しようとして、拡張現実(AR)や仮想現実(VR)を利用した製品の開発を続けている。そうした取り組みのなかから、最近の事例をいくつか紹介しよう。

 拡張現実(Augmented Reality:AR)と仮想現実(Virtual Reality:VR)は医療分野で新たな可能性を開花させつつある。企業や研究者は、患者の治療から医療機器のメンテナンスまで、さまざまな問題の解決や状況改善にARおよびVRを活用しようと、新たなアイデアを提示し続けている。


VRヘッドセットと連携させて使うInfinadeckの多方向トレッドミル。理学療法への応用が考えられる。
画像:Infinadeck

残り本文:約2407文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  2. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  3. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  4. リスク急増!広がる「BYOC(個人用クラウドの持ち込み)」ほか、頭の痛いネットワークの課題を考える
  5. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan