情報漏えい対策 情報処理推進機構

内部不正の6割は“うっかり”、主な持ち出し手段はUSBメモリ--IPA

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は3月3日、「内部不正による情報セキュリティインシデント実態調査」の報告書を公開した。

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は3月3日、「内部不正による情報セキュリティインシデント実態調査」の報告書を公開した。内部不正の約6割は故意が認められない“うっかり”であることや、“USBメモリ”が主な情報の持ち出し手段になっていることなどが明らかになった。

 この調査は、内部不正の発生とその対策状況などを把握し、内部不正の防止に向けた環境整備を促すためのもの。ウェブアンケート形式で実施期間は2015年11月25~30日。調査対象は業種別、従業員数別に抽出した民間企業の従業員など3652人と内部不正の経験者200人で構成される。

 IPAでは2012年にも内部不正についての意識調査を実施している。2回目となる今回は、民間企業の従業員と内部不正を行った経験を有する者(内部不正経験者)にアンケートを実施し、より実態を掘り下げる調査を目指したという。

 なお調査では、IPAが公開している「組織における内部不正防止ガイドライン」の定義に従い、違法行為だけでなく情報セキュリティに関する内部規程違反などの違法とまではいえない内部不正行為も含めているとしている。

残り本文:約814文字 ログインして続きを読んでください。

「情報漏えい対策」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  2. 経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説
  3. パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策
  4. DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点
  5. サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]