マイナンバー

マイナンバー管理の始め方:特権IDを持つ管理者のアクセス制限

スタートしたばかりのマイナンバーだが、まだまだ十分に対応しているという企業は多くないようだ。セキュリティリスクが絡む問題であるため、誤れば経営的な危機を迎える可能性もある。マイナンバー管理の始め方を紹介する。

 およそ企業向けに製品、サービスを提供しているITベンダーの中で、何らかのマイナンバー関連ソリューションを持っていない会社を探すのは難しい。

 NEC、富士通、日立、NTTの各グループ企業をはじめ、IBM、オラクル、HPなどの総合ベンダーは、従来保有する独自のデータベースセキュリティ関連のソリューションを整理し「マイナンバー対応ソリューション」として提供している。

 ここでは、マイナンバーを管理するためのソリューションの選び方を紹介する。

 これらは、一般の企業や自治体組織などで利用される以外に、顧客にマイナンバー管理サービスを提供する企業にも提供されている。

残り本文:約2153文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan