CRM アドバンリンク

CRMstage:APIで外部システムとも連携--顧客データ分析中心のCRM

CRMシステムの「CRMstage」は、顧客属性や購買履歴などの顧客データを活用し、購入率の向上や顧客の維持、拡大を図るための分析機能、顧客データを取り込む外部システムとの連携機能を備える。

 アドバンリンクの「CRMstage」は、顧客属性や購買履歴などの顧客データを活用し、購入率の向上や顧客の維持、拡大を図るための分析機能を備えた顧客関係管理(CRM)システムである。外部システムと連携して顧客データを一元管理し、ウェブポータル画面から顧客データの管理、顧客の検索と抽出、データの集計、分析、表示などができる。

 他システムと連携して顧客情報を取り込むデータ統合(ETL)機能、条件に合致した顧客を検索、抽出する顧客抽出機能、顧客離反や購入商品パターン、購入間隔を分析する分析機能、API機能、ユーザー認証とアクセス権を設定するセキュリティ機能などを搭載。多次元分析が可能なオンライン分析処理(OLAP)機能をオプションで提供する。

 データ統合機能は、社内の他システムに格納しているさまざまな関連データを収集。CRMstageの専用データウェアハウス(DWH)に取り込んで集約することで、顧客情報の一元管理を可能にする。

 顧客抽出機能は、CRMstage内にあるすべてのデータ項目をキーにして検索することが可能。顧客属性と購入店舗、購買履歴、マーケティング履歴などを掛け合わせた横断検索によって、仮説とする顧客やターゲット顧客がどのくらいいるのかを抽出できる。

 分析機能は、購買履歴分析(RFM分析)、デシル分析、リピート率分析、顧客離反分析、商品分析、購買パターン分析などを装備。顧客セグメントと分析を組み合わせることで、さまざまな角度から顧客の動向を把握できる。顧客セグメントの条件は、自由に設定して作成、保存することが可能。顧客セグメントを登録しておくことで、セグメントごとの分析や抽出を効率よく行えるようになる。

 API機能を利用すれば、CRMstageで抽出した顧客リストや集計結果を、ウェブインタフェースを介して外部システムに送信できる。これにより、購入履歴に応じてウェブ会員のマイページに表示させるコンテンツを変化させたり、最新の優良顧客リストを自動出力してメール配信サービスに連携させたりするなどのマーケティング施策と連携できる。

 スマートフォンとタブレットに対応。営業担当者や店舗スタッフが、PCやネットワーク環境が整備されていない現場からでも利用できる。

 提供形態として、ソフトウェアをオンプレミス環境で稼働させるサーバライセンス方式とホスティングサービス方式を用意。後者は、アドバンリンクが契約するデータセンターで専用サーバを用意してサービスを提供する。

CRMstageの顧客分析画面
CRMstageの顧客分析画面(アドバンリンク提供)
CRMstageの概要
用途と機能顧客属性や購買履歴などの顧客データを分析する機能を備えた顧客関係管理(CRM)システム
特徴外部システムと連携して顧客データを一元管理し、ウェブポータル画面から顧客データの管理、顧客の検索と抽出、データの集計、分析、表示などができる
サーバ環境Windows Server 2008/2012
クライアント環境Windows Vista/7/8、iOS、Android
税別価格サーバライセンス料が320万円、年間保守料が40万円。ホスティングサービスは初期費用が16万6000円から、月額費用が15万7000円から。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  2. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  3. 調査結果:経営層と情シスの意識にギャップあり!利用・検討中のクラウドサービスに求める条件と効果は?
  4. ITRアナリスト浅利氏解説:組織/ビジネス強化に有効なクラウドERP--ユーザー自ら導入で迅速展開
  5. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan