人材管理 CA Technologies

デジタル市場で生き残る対応力、日本はアジアパシフィックで4位に--CA Technologies調査

CA Technologiesは、2月24日、アジア・パシフィック&ジャパン地域のApplication Economy Index 2016に関する第1回の調査結果を発表した。アプリケーション・エコノミー・インデックス(以下、AEI)では今日のデジタル市場で生き残る対応力について、APJ10カ国(シンガポール、オーストラリア、韓国、日本、香港、マレーシア、中国、タイ、インド、インドネシア)のランキングが示されている。

 CA Technologiesは2月24日、アジア・パシフィック&ジャパン地域のApplication Economy Index 2016に関する第1回の調査結果を発表した。アプリケーション・エコノミー・インデックス(AEI)では今日のデジタル市場で生き残る対応力について、APJ10カ国(シンガポール、オーストラリア、韓国、日本、香港、マレーシア、中国、タイ、インド、インドネシア)のランキングが示されている。

 また、市場潜在力の促進要素(Marcket Potential Accelerators:MPA)を通してアプリケーション・エコノミーの将来のリーダーに関する分析がなされ、こちらもAPJ10カ国のランキングが示されている。日本はAEIでは4位となったが、MPAでは最下位となった。

 この調査はCA Technologiesの後援により調査会社TRPC社が実施した。同調査では、市場環境がアプリの開発と市場参入に寄与する程度という点から、今日のアジア経済での各国の位置づけが明らかにされ、市況の創造的破壊者(ディスラプター)によってデジタル経済圏は急速に変化することが指摘されている。

 この調査で作成された指標は、次の3項目を必要不可欠な評価基準としている。

  1. 政府による技術およびイノベーションの活用/サポート
  2. インターネットおよびモバイル・インフラストラクチャ
  3. ビジネスの俊敏性

 この基準に基づき、AEIではアプリケーションによる統合、発展、利益を享受する能力によって市場を分類している。シンガポール、オーストラリア、韓国、日本、香港は、創設者のグループに分類され、このグループはアプリケーションによってもたらされる機会を最大化することができるとしている。

 中国とマレーシアは挑戦者のグループに位置づけられ、タイ、インド、インドネシアは主流のグループとなり、ビジネスに貢献するアプリケーション・エコノミーの環境を発展させる計画策定に注力することが必要とされている。

活力のあるアプリケーションエコノミーに必要不可欠な主要3項目を評価基準としているAEI評価結果(ca提供)
活力のあるアプリケーション・エコノミーに必要不可欠な主要3項目を評価基準としているAEI評価結果(ca提供)

 総合4位に位置づけられた日本の改善点では、政府による技術の活用とイノベーションが5位となっており改善の余地がある。また第2項目においては通信環境が良好であるにもかかわらず、スマートフォン普及率が低く8位という結果となった。第3項目のビジネス俊敏性では、事業設立に要する時間が平均を下回る結果となった。

 アプリケーション・エコノミーの将来のリーダーを分析するMPAでは、新しいアプリケーション・エコノミーにおける市場潜在力に影響を与え、促進させる能力を持つ要因を評価している。これらの要因には、以下が示されている。

  • 市場のスマートフォンユーザー数
  • モバイルインターネットを日常的に使用するユーザー数
  • バーチャルソーシャルネットワークの使用
  • モバイルアプリを日常的に使用
  • 市場の若年人口が占める規模

 中国、インド、インドネシアは、成長の機会を生かすことができれば、上位3位に入る可能性があるということが判明した。一方で、シンガポールや香港、韓国、オーストラリア、日本は、AEIではリーダーに位置づけられたが、市場のギャップに対処するために迅速に行動しなければ、競争に取り残されるリスクがあるという結果になった。

新しいアプリケーション・エコノミーにおける市場潜在力に影響を与えかつ促進させる能力を持つ要因を評価するMPAの結果(ca提供)
新しいアプリケーション・エコノミーにおける市場潜在力に影響を与えかつ促進させる能力を持つ要因を評価するMPAの結果(ca提供)

ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. 今後増加しそうな「名ばかり機械学習 セキュリティ」を見極める3条件--どれが欠けてもダメ
  4. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  5. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan