無線LAN 三井情報

MKIマネージドWi-Fi:アクセスポイントを設置するだけの無線LAN運用サービス

クラウド型無線LANサービスの「MKIマネージドWi-Fi」は、社内にアクセスポイントを設置するだけで、そのほかのWi-Fi利用に必要な環境はMKIのデータセンター内に構築。社内の管理者に代わって無線LANを運用保守する。

 三井情報(MKI)の「MKIマネージドWi-Fi」は、月額課金によるクラウド型無線LANサービスである。ユーザー企業にシスコシステムズ製のアクセスポイントを設置するだけで、そのほかのWi-Fi利用に必要な顧客ごとの環境をMKIのデータセンター内に構築。社内の管理者に代わって無線LANを運用保守する。

 機器の設定から、アクセスポイントの設置や削除、設定変更などの運用、24時間365日のアクセスポイントの死活監視、ハードウェア保守などを請け負い、顧客企業ごとにウェブポータルを用意する。さらに、アクセスログや認証ログの1年間保管、MACアドレス認証、RADIUSやActive Directoryとの連携認証なども行う。

 ウェブポータルでは、自社の無線LAN環境をリアルタイムで監視したり、月次レポートをダウンロードしたりできる。レポートでは、サービスの利用端末一覧、利用端末の環境、サービス全体のデータ通信料と利用時間、アクセスポイント別のデータ通信料と利用時間などを把握できる。

 サービスメニューとして、「先出しセンドバック保守、監視運用」と「オンサイト保守、監視運用」を用意する。先出しセンドバック保守、監視運用では、アクセスポイントが故障した場合、MKIが設定済みの機器を送付し、顧客が現地で機器の取り外し、取り付けを作業する。オンサイト保守、監視運用ではMKIの担当者が顧客の立ち会いのもと機器を設置する。オンサイト保守、監視運用には平日9~17時に対応するサービスと、24時間365日対応のサービスがある。

MKIマネージドWi-Fiのメリット
MKIマネージドWi-Fiのメリット(三井情報提供)
MKI マネージド Wi-Fiの概要
用途と機能月額課金によるクラウド型無線LANサービス
特徴ユーザー企業にシスコシステムズ製アクセスポイントを設置し、そのほかのWi-Fi利用に必要な顧客ごとの環境をMKIのデータセンター内に構築。社内の管理者に代わって無線LANを運用保守する
税別価格アクセスポイント1台あたり、初期費用が3万5000円、月額費用が2500円(先出しセンドバック保守)から、など
導入企業上尾市教育委員会/上尾市立中央小学校、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  2. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  3. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  4. リスク急増!広がる「BYOC(個人用クラウドの持ち込み)」ほか、頭の痛いネットワークの課題を考える
  5. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
スイッチ
無線LAN
ルータ
ロードバランサ
VPN
WAN高速化
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan