ERP

ERPの選び方@2016--脱Excel結実への道

数年かけて統合基幹業務システム(ERP)などのアプリケーションを導入したにもかかわらず、結局現場はExcelを使っている――。なぜExcelが使われるのか。

 「Excelで間に合う」

 取材という形だけでも、何度この言葉を見聞きしたか分からない。高額の投資でビッグプロジェクトを組み、場合によっては数年かけて統合基幹業務システム(ERP)などのアプリケーションを導入したにもかかわらず、結局現場はExcelを使っている――。

 ありふれたこの話を聞くと、しょせんは「他人事」とは言え、切なく感じる。

 ほとんどのユーザーのPCにExcelが導入されているのだから仕方がない、と理由付けられることの多いこの話。あえて、なぜExcelが使われるのかを考えてみたい。

残り本文:約976文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. 人手がかかりすぎるから脱却するには?:「脅威インテリジェンスの活用と自動化」によるアプローチ
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan