CRM

QuickCRM:インバウンドとアウトバウンドに対応の専用CRMを書かずに構築

CRMパッケージソフトウェアの「Quick CRM」は、アウトバウンド業務とインバウンド業務に対応し、個々の業務に適したオペレーター画面や電話応対業務の支援システムをプログラミングすることなく構築できる。

 MITシステム研究所の「Quick CRM」は、コンタクトセンターの構築運用に必要なさまざまな機能を搭載したコンタクトセンター専用の顧客関係管理(CRM)パッケージソフトウェアである。アウトバウンド業務とインバウンド業務に対応し、個々の業務に適したオペレーター画面や電話応対業務の支援システムをプログラミングすることなく構築できる。

 Quick CRMは、コンタクトセンターの構築運用に必要な基本機能と、他システムと連携する拡張機能を備える。各種機能はオブジェクトで提供されており、GUIベースの設計ツールからパラメータを設定し、業務に最適なシステムを組み上げられる。

 基本機能は、(1)コンタクトセンター業務の管理機能、(2)コールリスト作成、再コール予約、マルチインバウンド、コールバック予約などの業務支援機能、(3)オペレータ画面の作成やメニュー、データのインポート、エクスポート、進捗管理などの画面作成を行う業務設計デザイン機能、(4)さまざまな構内交換機(PBX)やコンピュータ電話統合(CTI)との連携機能――などを用意。業務設計デザイン機能では、メニューからカテゴリを選んで部品を選択し、部品ごとにプロパティに値をセットするだけで画面を作成できる。

 拡張機能として、他システムとの連携機能、外部データ連携機能、信頼性拡張機能を提供する。信頼性拡張機能では、サーバの完全二重化によるホットスタンバイや、無停止サーバによる運用が可能になる。仮想化サーバ上にQuick CRMをインストールして仮想化環境で運用したり、リモートデスクトップサーバを介してシンクライアント環境で運用したりすることもできる。

 アウトバウンドでは、コールリストを登録、抽出する機能、CTI/PBX連携で自動発信する機能、架電結果を登録し、帳票などの指定フォームに出力する機能などを提供。インバウンドでは、CTI/PBX連携で業務ごとに割り当てられているダイヤルイン番号に対応する業務画面を立ち上げる機能、顧客情報のポップアップ表示などを提供する。

Quick CRMの画面
Quick CRMの画面(MITシステム研究所提供)
Quick CRMの概要
用途と機能コンタクトセンターの構築運用に必要なさまざまな機能を搭載したコンタクトセンター専用のCRMパッケージソフトウェア
特徴アウトバウンド業務とインバウンド業務に対応し、個々の業務に適したオペレーター画面や電話応対業務の支援システムをプログラミングすることなく構築できる
サーバ環境Windows Server
クライアント環境Windows

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  2. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. 情報の連携不足に盲点あり。自動化がセキュリティの「危機回避」の決め手に!

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan