CRM 富士ゼロックス

SkyDesk CRM:一連の営業活動を管理するSaaS型CRM--問い合わせを一元管理

 富士ゼロックスの「SkyDesk CRM」は、マーケティング活動から商談獲得、顧客サポートまでの一連の営業活動を管理するSaaS型の顧客関係管理(CRM)システムである。企業情報、顧客情報、案件情報、日報といった営業活動に関する情報を関連付けて管理し、チームで共有。必要なデータをまとめてレポートを作成したり、ダッシュボードで見える化したりすることもできる。

 SkyDesk CRMでは、電話、メール、ウェブフォーム、ソーシャルメディアなど、さまざまなチャネルからの問い合わせを顧客情報に紐づけて一元管理することで、対応の抜けや漏れをなくせる。さらに、案件ごとの顧客とのやり取りの経緯や進捗状況などを共有できるので、上長が的確なタイミングで営業担当者をフォローアップできるほか、担当者間の引き継ぎがスムーズになる。

 スマートフォンやタブレットを使えば、営業担当者が外出先から取引先情報や訪問履歴を確認したり、活動情報を記録したりできる。営業担当者が商談直後に結果を入力すれば、上長は営業進捗をリアルタイムに把握することが可能になる。登録した営業活動をリアルタイムにグラフ化したり、受注状況や売上予測をまとめた定期レポートを自動作成したりできる。

 さらに、見込み顧客管理や一斉メール配信機能により、新規の顧客開拓を支援。将来の営業施策を計画するキャンペーン機能では、費用対効果を検証しながら営業施策を立案できる。

 カスタマイズ機能では、システム標準の「連絡先」や「取引先」といった用語を自社独自のものに変更できるほか、業務で使わない項目を非表示にしたり、必要な項目を新規に作成したりできる。表示されている列や項目の順序といった画面レイアウトは、マウスのドラッグ&ドロップ操作で変更可能である。

 名刺管理サービス「SkyDesk Cards」を併用すると、名刺をスマートフォンで撮影するだけで名刺情報を文字認識してデータ化し、ワンクリックで顧客情報としてSkyDesk CRMに取り込める。

SkyDesk CRMの
SkyDesk CRMのイメージ図(富士ゼロックス提供)
SkyDesk CRMの概要
用途と機能マーケティング活動から商談獲得、顧客サポートまでの一連の営業活動を管理するSaaS型のCRMシステム
特徴企業情報、顧客情報、案件情報、日報といった営業活動に関する情報を関連付けて管理し、チームで共有。必要なデータをまとめてレポートを作成したり、ダッシュボードで見える化したりすることもできる
クライアント環境Windows 7/8.1/10、iOS 9.0/9.1、Android 4.3/4.4
税別価格スタンダードが6カ月でユーザーあたり9120円、プロフェッショナルが6カ月でユーザーあたり1万5390円、エンタープライズが6カ月でユーザーあたり2万6790円
導入企業たていし園、山陽食品工業、新田ゼラチン、東洋化学、東洋美術印刷、日総工産、ブルースタジオ、ハイブリッド、ゴールデン文具、エージー、など

関連記事

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan