安否確認 イーネットソリューションズ

Safetylink24:社員の家族間でも状況を確認できる安否確認システム

安否確認システムの「Safetylink24」は、管理者が作業できない時でも地震情報と連動して自動でメールを配信したり、緊急時に社員の家族間だけで安否状況をやり取りしたりできる。

 イーネットソリューションズの「Safetylink24」は、地震などの災害発生時に社員や家族の安否を確認するためのシステム。管理者が作業できない時でも地震情報と連動して自動でメールを配信したり、緊急時に社員の家族間だけで安否状況をやり取りしたりできる。

 社員のメールアドレスをあらかじめ登録しておくと、地震などの災害時に安否確認メールを一斉送信する機能を備える。気象庁発表の地震情報を取得し、管理者が指定した震度を超える地震が発生した場合にメールを自動配信することも可能。利用者1人に対して6人までの家族を登録できるため、家族間の安否確認にも対応する。

iPhone向けの専用アプリ
iPhone向けの専用アプリ(イーネットソリューションズ提供)

 安否確認メールの受信者は、メール内のURLに接続して自身の安否状況を登録。「無事です」「怪我をしています」「動くことができません」などから選んで安否を伝える。画面のカスタマイズも可能。未回答者に自動でメールを再送する機能もある。

 管理者は回答状況を一覧表示で確認できる。設問ごとの回答状況を棒グラフ、円グラフで表示させることも可能。CSV形式のデータをアップロード、ダウンロードすることで、基本情報を一括で追加、更新、削除できる。

 平常時でも、社内やグループ間での一斉連絡、キャンペーン案内やアンケート調査などの販促ツールとして利用できる。利用料金は変わらない。

 Twitterと連動して自動的に固定文を書き込む機能や、管理者間で災害対策の相談やメッセージのやり取りに使える掲示板なども備える。

 利用形態はSaaS版とパッケージ版があり、最新版の「Safetylink2 V5.5」ではiPhone向けの専用アプリも提供している。

Safetylink24の概要
用途と機能地震などの災害発生時に社員や家族の安否を確認するためのシステム
特徴管理者が作業できない時でも地震情報と連動して自動でメールを配信したり、緊急時に社員の家族間だけで安否状況をやり取りしたりできる
税別価格SaaS版:400人まで初期費用4万8000円から、100人まで月額9800円から
導入企業 エア・ウォーター、医療法人偕行会グループ、ホテルニューアカオ、品質保証総合研究所、ミロク情報サービス、ホーユー、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  2. 報告: IT部門と事業部門の「境目」が消え始めた!?世界のITリーダーが回答
  3. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書
  4. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  5. Boxをビジネスに活⽤するために-業種、職種別のユースケース

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan