安否確認 イーネットソリューションズ

Safetylink24:地震情報で自動配信する安否確認サービス--家族間でやり取り

安否確認サービス「Safetylink24」は気象庁の地震情報に連動して安否確認メールを自動配信する。再配信する自動リトライ機能も搭載。登録ユーザー1人あたり6人までの家族にも配信、家族間だけでやり取りすることも可能。

Safetylink24のポイント

  • 地震情報を受信すると安否確認のメールが自動的に送信
  • 登録ユーザー1人あたり6人までの家族にも送信、家族間だけでやり取り
  • J-anpiやTwitterとの連携も可能

Safetylink24の製品解説

 イーネットソリューションズの「Safetylink24」は、災害時にメールを一斉配信する安否確認サービス。カスタマイズ可能なライセンス版も提供、 データセンターでのホスティングやハウジング、自社設備のいずれかで運用できる。

編集部おすすめの関連記事

 気象庁から地震情報を受信すると、登録された対象者に安否確認のメールが自動的に送信される。地震情報、災害情報をもとに、担当者の判断で手動で送信することも可能だ。再配信する自動リトライ機能も備えており、再配信間隔や回数などは自由に設定できる。

 企業、学校向けのシステムだが、登録ユーザー1人あたり6人までの家族も含めることができる。家族間だけでやり取りができる家族用コメント欄も用意される。

 安否確認メールを受信した対象者は、メール内のURLにアクセスすることで地震の安否状況を登録できる。管理者はその情報をリアルタイムに確認でき、回答結果から対象者を絞り込んで新規メッセージを送信できるため、事前に立てておいた事業継続計画(BCP)の行動規定に沿って迅速に指示することが可能になる。

 操作はPCのほかスマートフォン、タブレットでも可能だ。ログインすると、メッセージへの回答、メッセージの作成、発信したメッセージの結果閲覧など、目的の操作ができるメニューが表示され、ダッシュボード画面で最新の情報を確認できる。管理者用の画面では、回答数や推移をグラフで確認でき、最新の回答情報や掲示板の情報も一度に確認することが可能になっている。

 安否情報をまとめたJ-anpiやTwitterとの連携も可能だ。同サービスのメッセージへの回答時に、J-anpiやTwitterに専用メッセージを投稿できるため、同サービスの利用者以外からも安否情報を検索することができる。

 専用のスマートフォンアプリも利用することができ、プッシュ通知から簡単に回答できる。アプリでは回答時に写真や音声、現在地情報を送れるため、より詳細な情報を管理者に伝えることが可能になる。

Safetylink24のまとめ
用途と機能家族にもメール配信可能な安否確認サービス
特徴気象庁の地震情報に連動し、安否確認メールを自動的に一斉配信可能。登録ユーザー1人あたり6人までの家族にも送信、家族間だけでやり取り可能。メッセージへの回答時に、J-anpiやTwitterに専用メッセージを投稿できる
税別価格ASP・SaaS版
100人まで:初期費用4万8000円、月額9800円
401~500人:初期費用6万8000円、月額2万1800円
ライセンス版:62万円~
導入企業日産・自動車大学校、北陸通信ネットワーク、ホテルニューアカオ、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  4. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  5. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]