ウェブ会議 鈴与シンワート

S-Port Cloud TSeries:操作が簡単なテレビ会議サービス--複数の会議を同時に

クラウド型のテレビ会議サービスである「S-Port Cloud TSeries」は、専用アプリケーションを利用することで、他のブラウザ型システムと比べて少ない操作で会議を開始できる。同時接続数の範囲内であれば、いくつでも会議を開ける。

 鈴与シンワートの「S-Port Cloud TSeries」はクラウド型のテレビ会議サービスだ。サーバの管理が不要でインターネット環境があればすぐに利用を始められる。シンプルなインターフェースで、3クリックでテレビ会議を開始できるという。

 専用アプリケーションを利用することで、他のブラウザ型システムと比べて少ない操作で会議を開始できる。会議の予約も不要で、メンバーを1クリックで途中参加させられる。議長以外はアイコンを1クリックするだけで会議に参加できる。

 同時接続数の範囲内であれば、いくつでも会議を開催可能。例えば、本社と支社間で会議をしながら、営業所間で別の会議を開催するといった運用ができる。

 推奨周辺機器としては、ロジクール製の300万画素ウェブカメラやYAMAHA製のエコーキャンセラー内蔵マイクスピーカーなどが指定されている。

同時接続数の範囲内であればいくつでも会議が可能
同時接続数の範囲内であればいくつでも会議が可能(鈴与シンワート提供)
S-Port Cloud TSeriesの概要
用途と機能クラウド型のテレビ会議サービス
特徴専用アプリケーションを利用することで、他のブラウザ型システムと比べて少ない操作で会議を開始できる。同時接続数の範囲内であれば、いくつでも会議を開催可能
税別価格初期費用6万円、定額プラン月額費用(3ユーザー)は3万5000円

「ウェブ会議」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]