ウェブ会議 鈴与シンワート

S-Port Cloud TSeries:操作が簡単なテレビ会議サービス--複数の会議を同時に

クラウド型のテレビ会議サービスである「S-Port Cloud TSeries」は、専用アプリケーションを利用することで、他のブラウザ型システムと比べて少ない操作で会議を開始できる。同時接続数の範囲内であれば、いくつでも会議を開ける。

 鈴与シンワートの「S-Port Cloud TSeries」はクラウド型のテレビ会議サービスだ。サーバの管理が不要でインターネット環境があればすぐに利用を始められる。シンプルなインターフェースで、3クリックでテレビ会議を開始できるという。

 専用アプリケーションを利用することで、他のブラウザ型システムと比べて少ない操作で会議を開始できる。会議の予約も不要で、メンバーを1クリックで途中参加させられる。議長以外はアイコンを1クリックするだけで会議に参加できる。

 同時接続数の範囲内であれば、いくつでも会議を開催可能。例えば、本社と支社間で会議をしながら、営業所間で別の会議を開催するといった運用ができる。

 推奨周辺機器としては、ロジクール製の300万画素ウェブカメラやYAMAHA製のエコーキャンセラー内蔵マイクスピーカーなどが指定されている。

同時接続数の範囲内であればいくつでも会議が可能
同時接続数の範囲内であればいくつでも会議が可能(鈴与シンワート提供)
S-Port Cloud TSeriesの概要
用途と機能クラウド型のテレビ会議サービス
特徴専用アプリケーションを利用することで、他のブラウザ型システムと比べて少ない操作で会議を開始できる。同時接続数の範囲内であれば、いくつでも会議を開催可能
税別価格初期費用6万円、定額プラン月額費用(3ユーザー)は3万5000円

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan