バックアップ

マルチクラウド環境に対応するバックアップ製品の選び方

「複数の環境が混在する」上でバックアップ製品をサービスを検討する際、考えなければならない製品の選び方のコツとは何か。

 2011年の東日本大震災から5年、企業のシステムをとりまく環境の上で大きく変わったのはパブリッククラウドの普及であり、複数のパブリッククラウドを利用するマルチクラウド環境を構築し、オンプレミスサーバなどを組み合わせて利用する企業が増えている

 そういった、「複数の環境が混在する」上でバックアップ製品やサービスを検討する際、考えなければならない製品選びのコツとは何か。arcserve Japanの末吉聡子氏に聞いた。

 末吉氏によると、2015年の「バックアップ運用の課題」に関する聞き取り調査では、約半数が「コスト増」(47%)、「複雑さ」(42%)という結果が出ており、1位、2位の課題となっているという。「昨今のバックアップ運用を取り巻く環境は、クラウド、仮想、物理の混在環境ゆえの複雑さとそれに伴うコスト増に直面していることが分かります」(末吉氏) 

 そこで、arcserveはバックアップ製品を選定される際に押さえておきたいポイントとして、(1) クラウド、仮想、物理の複雑な混在環境にあっても、同一のバックアップ運用が可能な製品やサービスを選定すること、(2) ライセンスの体系がシンプルで、段階的な導入が可能な製品、その際に追加の費用を必要としない製品を選ぶことを推奨しており、課題に対応した製品を提供しているという。

 こうした、複数の環境が混在する上でのバックアップ対策に関してZDNet Japanと姉妹メディアのTechRepublic Japanは3月2日にセミナー「東日本大震災から5年、改めて見つめなおすデータ保護~品質と速度、安全から考えるデータバックアップ戦略~」を開催する。

 arcserveを含め、バックアップの専門家によるさまざまな情報を提供する。最新情報収集のため、ぜひ現地に来場してもらいたい(参加登録はこちらへ)。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 急増する「非マルウェア攻撃」は、どのように防げばいいのか?─新たな発想による防御が必須に
  2. IBM データ経営の教科書-ビジネス変革3つの柱はデータ、アナリティクス、クラウド
  3. 幸せなA社と不幸なB社、天国と地獄を分けたのは1年前の決断だった!-中堅・中小企業のERP導入
  4. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  5. 実は“落とし穴”の多いOffice 365への移行。スムーズな活用に欠かせない“ある秘策”とは?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]