IaaS PaaS Netflix AWS

NetflixがストリーミングサービスをAWSに移行--7年越しのプロジェクトから学ぶべき5項目

Netflixは、オンライン動画ストリーミングサービスのAWS移行作業を先ごろ終えた。クラウドへの移行を検討している企業向けに、この事例から学べる事柄をKeith Townsendが紹介しよう。

 コンテナ、クラウドネイティブなアプリケーション、クラスタ管理プラットフォームに話題が集中する現在、企業のクラウド移行は避けられない見なされる。筆者は、こうした状況をどう見るかお知らせしたい。こうした観点の一部は、クラウドインフラ移行で象徴的な存在のNetflixから得た。

 Netflixは2月に入り、オンライン動画ストリーミングサービスのパブリッククラウド移行に取り組んだ7年間の歩みをまとめ、ブログで公表した。これまでNetflixは、サービスの多くの部分をクラウドで運営することについて、全般的な知見の獲得に大きく貢献してくれた。そのNetflixでさえ、何年もかけて事前準備をし、自社サービスのストリーミング処理をパブリッククラウドへ完全移行させられる状態になった。以下で、Netflixの歩んだ道のりから得られるポイントを5つ紹介しよう。

残り本文:約1699文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. 「オフィスにいなくても仕事ができる」は「24時間仕事をしろ」ではない!VDI導入の本当の恩恵
  4. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  5. 今後増加しそうな「名ばかり機械学習 セキュリティ」を見極める3条件--どれが欠けてもダメ

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan