CRM アドテクニカ

e-マップロケーション:顧客情報からルートマップを作成する位置情報ツール

クラウド型ロケーションツールの「e-マップロケーション」は、スマートフォンやタブレットを使って外出先で営業や配達のルートを確認したり、顧客情報を検索したりできる。

 アドテクニカの「e-マップロケーション」は、Googleマップと連動したクラウド型ロケーションツールである。データベースに登録した顧客情報に基づいて営業活動や顧客管理を効率化する。

 スマートフォンやタブレットを利用し、外出先で営業や配達のルートを確認したり、顧客情報を検索したりできる。業種別で色分けしてフラグを立てられるため、顧客情報をマップ上で分かりやすく示せる。

 顧客情報のデータベース登録は管理画面から入力する。顧客情報の追加、編集、削除や、マップで使用するフラグの文字や色の設定も可能。顧客情報をCSV形式で一括アップロードできる。

 登録した顧客情報をもとに、PCやiPad、iPhoneでルートを確認、追加するほか、営業や配達などで回る顧客を順に登録していくだけでオリジナルのルートを作成、登録できる。登録したルートマップは「ルート一覧」から呼び出せる。

 「施設名」「住所」「担当者名」などで顧客または施設を検索可能。エリアや関連性のある顧客ごとに絞り込める。

e-マップロケーションの画面
e-マップロケーションの画面(アドテクニカ提供)
e-マップロケーションの概要
用途と機能Googleマップと連動したクラウド型ロケーションツール
特徴データベースに登録した顧客情報に基づいて営業活動や顧客管理を効率化する。スマートフォンやタブレットを利用し、外出先でも営業や配達のルート確認や、顧客情報の検索ができる。Googleマップの機能に加えて、登録済みの顧客情報を表示したり、検索したりすることが可能
クライアント環境iOS。Androidには別途対応
税別価格初期費用が15万円、月額利用料が1万5000円(1000IDまで)から。1台あたり月額500円のGoogleマップライセンスが別途必要。
導入企業TOKAIコミュニケーションズ、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  2. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  3. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  4. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠
  5. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan