安否確認 NEC

緊急連絡・安否確認システム:災害発生時に安否確認メールを一斉送信

「緊急連絡・安否確認システム」は、地震などの災害発生時に一斉に安否確認メールを送信する機能を備える。管理者は安否確認メールの送信状況をブラウザで確認できる。

 NECの「緊急連絡・安否確認システム」は、地震などの災害発生時に登録者の安否を確認するためのSaaS。携帯電話やスマートフォンのメールアドレスをあらかじめ登録しておくと、緊急連絡時に一斉に安否確認メールを送信する機能を備える。

 気象庁発表の地震情報を取得し、震度5弱以上の地震発生地域(都道府県)に勤務または居住する利用者を対象に自動的にメールを配信する機能もオプションで提供する。

 安否確認メールの本文には、「無事・出社可能」「無事・出社不可」「負傷・出社可能」「負傷・出社不可」という4種類の状況ごとにメールアドレスのリンクを掲載。メールの受信者は、自分の状況に応じて、このリンクをクリックして空メールを返信する。返信がない利用者に、メールを再送する機能もある。管理者は、安否確認メールの送信状況をPCやスマートフォンのブラウザで確認する。CSVファイルでダウンロードすることも可能だ。

 このほか、自宅待機や業務連絡などの指示を部門や地域ごとに同報する機能や、アンケートを送信、集計する機能も備える。

緊急連絡・安否確認システムの仕組み
緊急連絡・安否確認システムの仕組み(NEC提供)
緊急連絡・安否確認システムの概要
用途と機能社員や職員などに対して災害発生時の安否確認をするためのクラウドサービス
特徴スマートフォンや携帯電話にワンクリックで返信可能な電子メールを一斉送信する。管理者は安否確認メールの送信状況をPCやスマートフォンのブラウザで確認
税別価格初期費用は不要、100ユーザー以下で月額1万2000円から
導入企業原田・ガトーフェスタハラダ、など

「安否確認」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]