ウェブ会議 キヤノンITソリューションズ

IC3:狭帯域でも安定して通信できるウェブ会議システム--声を聞きやすく

ウェブ会議システムの「IC3」は、高品質な映像と音声、狭帯域での安定性が特徴。利用者を迷わせないシンプルな操作性を採用している。

 キヤノンITソリューションズの「IC3(アイシーキューブ)」は、高品質な映像と音声、狭帯域での安定性が特徴のウェブ会議システムだ。利用者を迷わせないシンプルな操作性を採用している。Windowsのほか、AndroidとiOSで利用できる。

 ネットワーク帯域に応じてリアルタイムに通信データ量を調整可能。フレームレート、映像品質を動的に変更したり、56~128kbpsの可変ビットレートの独自音声コーデックを採用したりすることで、狭帯域でも安定した通信品質を確保する。また、人の声に特化したコーデックに独自のチューニングを施し、聞き取りやすく遅延の少ない音質を実現しているという。

 キヤノン製ネットワークカメラが利用できるほか、高解像度(640×480ピクセル以上)、エコーキャンセルやノイズサプレッサに対応。ミュート機能も搭載する。

 通信プロトコルはTCPを利用。遠隔地の3G回線下からタブレットやスマートフォンでミーティングに参加する場合などにも、ストレスなくやり取り可能だとしている。

 自社で運用するオンプレミス型と、サーバ構築などが不要なクラウド型がある。

IC<sup>3</sup>の導入イメージ
IC3の導入イメージ(キヤノンITソリューションズ提供)
IC3の概要
用途と機能高品質な映像と音声、狭帯域での安定性が特徴のウェブ会議システム
特徴利用者を迷わせないシンプルな操作性を採用。動的な帯域制御によって狭帯域でも安定した通信品質を確保する
税別価格クラウド型は2ユーザー利用時で初期費用が1万円、月額料金が9800円
導入企業東京ダイヤモンド工具製作所、日新製糖、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  4. 今後増加しそうな「名ばかり機械学習 セキュリティ」を見極める3条件--どれが欠けてもダメ
  5. 「オフィスにいなくても仕事ができる」は「24時間仕事をしろ」ではない!VDI導入の本当の恩恵

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan