ウェブ会議 キヤノンITソリューションズ

IC3:狭帯域でも安定して通信できるウェブ会議システム--声を聞きやすく

ウェブ会議システムの「IC3」は、高品質な映像と音声、狭帯域での安定性が特徴。利用者を迷わせないシンプルな操作性を採用している。

 キヤノンITソリューションズの「IC3(アイシーキューブ)」は、高品質な映像と音声、狭帯域での安定性が特徴のウェブ会議システムだ。利用者を迷わせないシンプルな操作性を採用している。Windowsのほか、AndroidとiOSで利用できる。

 ネットワーク帯域に応じてリアルタイムに通信データ量を調整可能。フレームレート、映像品質を動的に変更したり、56~128kbpsの可変ビットレートの独自音声コーデックを採用したりすることで、狭帯域でも安定した通信品質を確保する。また、人の声に特化したコーデックに独自のチューニングを施し、聞き取りやすく遅延の少ない音質を実現しているという。

 キヤノン製ネットワークカメラが利用できるほか、高解像度(640×480ピクセル以上)、エコーキャンセルやノイズサプレッサに対応。ミュート機能も搭載する。

 通信プロトコルはTCPを利用。遠隔地の3G回線下からタブレットやスマートフォンでミーティングに参加する場合などにも、ストレスなくやり取り可能だとしている。

 自社で運用するオンプレミス型と、サーバ構築などが不要なクラウド型がある。

IC<sup>3</sup>の導入イメージ
IC3の導入イメージ(キヤノンITソリューションズ提供)
IC3の概要
用途と機能高品質な映像と音声、狭帯域での安定性が特徴のウェブ会議システム
特徴利用者を迷わせないシンプルな操作性を採用。動的な帯域制御によって狭帯域でも安定した通信品質を確保する
税別価格クラウド型は2ユーザー利用時で初期費用が1万円、月額料金が9800円
導入企業東京ダイヤモンド工具製作所、日新製糖、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. バグ発見にかける時間、ムダですよね? IT現場の働き方改革を推進する5つのヒント
  2. 顧客の「快」を最大化し、「不快」を最小化する
  3. IoTセキュリティの最前線-急増する脅威化したIoTデバイス(Thing Bot)
  4. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  5. 72時間以内に被害報告できますか? セキュリティツールでGDPRコンプライアンスを強化する方法

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]