NAS SAN

ネットワークアタッチトストレージ(NAS)入門--SANとどう違うのか?

このガイドは、ネットワークアタッチトストレージ(NAS)について、企業が知っておくべき初歩的な知識をまとめたものだ。

 ネットワークアタッチトストレージ(NAS)はファイルレベルのアクセスが可能で、ユーザーやアプリケーションはNASをほかのドライブと同様のものとして認識する。NASが実用レベルに達したのは1980年代で、市場に登場したのは1990年代だ。現在は、消費者向け(PCバックアップ用やメディア保存用のストレージ)製品から、エンタープライズクラスタで使われるものまで、幅広い製品が存在する。このガイドは、企業でNASを導入する際の初歩的な知識をまとめたものだ。

残り本文:約2336文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  2. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」
  3. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  4. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  5. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan