ウェブ会議 ブラザー工業

OmniJoin:フルHD画質にも対応のウェブ会議システム--シーン別でモードを選択

ウェブ会議システムの「OmniJoin」は、複数拠点や在宅勤務の会議をはじめ、予備校や塾などの遠隔教室、面談やカウンセリングなどの用途に利用できる。利用シーンにあわせてモードを設定可能である。

 ブラザー工業の「OmniJoin」は、フルHD(1920×1080)に対応した高画質のウェブ会議システムだ。複数拠点や在宅勤務の会議をはじめ、予備校や塾などの遠隔教室、面談やカウンセリングなどの用途に利用できる。

 Officeファイルなどの資料やブラウザ画面を会議の参加者と共有できる。アプリケーション共有機能を使えば、ウェブ会議の参加者で資料の共同編集も可能だ。

 会議の規模などの利用シーンにあわせてモードを設定できる。中規模向けで主催者だけが資料を操作できる「ミーティング」、小規模向けで全員が映像に映り会話するとともに資料も共有する「グループディスカッション」、大規模向けで主催者のみが映像と音声を使用する「プレゼンテーション」などがある。

 初期費用と初月の利用料は無料となっている。3種類の料金プランがあり、利用する機能や接続可能な端末数が異なっている。支払い方法は月額と年額から選択できる。

OmniJoinの画面
OmniJoinの画面(ブラザー工業提供)
OmniJoinの概要
用途と機能最大でフルHD画質に対応するウェブ会議システム
特徴複数拠点や在宅勤務の会議をはじめ、予備校や塾などの遠隔教室、面談やカウンセリングなどの用途に利用できる。複数拠点や在宅勤務の会議をはじめ、予備校や塾などの遠隔教室、面談やカウンセリングなどの用途にも利用可能
税別価格接続可能な端末が最大3台の場合、エコノミープランが月額9600円で年額9万6000円、ビジネスプランが月額1万6800円で年額16万8000円
導入企業東洋大学、東京リーガルマインド、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. BIからBA、そしてコグニティブに至る上での落とし穴
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. 中堅製造企業にもSAP-高利益体質な組織に様変わり!先駆者にみるSAP ERP導入成功事例

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan