NAS SAN フラッシュストレージ IDC Japan

ローエンドストレージ市場で鍵を握るチャネルパートナーの存在--IDC

ストレージベンダーがローエンドストレージシステム市場で成長を達成するためには、製品の拡充と機能強化にとどまらず、チャネルパートナーとの協業を含めた販売戦略の強化や見直しが重要になるとしている。

 IDC Japanは2月22日、国内外付型エンタープライズストレージシステム市場において、2015年上半期に当たる1月~6月の実績に基づき、500万円未満の「ローエンドストレージシステム」市場の分析結果を発表した。200万~500万円未満の価格帯で売り上げを伸ばしているベンダーや、間接販売市場におけるチャネルパートナーとの協業で成功しているベンダーが、全体のシェアを伸ばしていることが分かった。

国内外付型ローエンドストレージシステム出荷金額(Vendor Revenue)シェア、2015年上半期(IDC提供)
国内外付型ローエンドストレージシステム出荷金額(Vendor Revenue)シェア
2015年上半期(IDC提供)

 IDCは、外付型エンタープライズストレージシステム市場を、システム価格に応じて、3000万円以上をハイエンド、500万~3000万円未満をミッドレンジ、500万円未満をローエンドとして分類している。

 ローエンド市場の売上額は、前年同期比5.4%増の340億1800万円、出荷容量は23.5%増の452.5PB(ペタバイト)、出荷台数は1.4%増の1万4777台だった。同期の国内エンタープライズストレージシステム市場全体に占めるローエンドストレージの構成比は、売上高が32.6%、出荷容量が55.9%、出荷台数が82.3%だった。

残り本文:約1022文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan