PC OS

中堅中小企業のWindows 10導入は進まず--ノークリサーチ

ノークリサーチは、四半期ごとに実施しているIT投資に関する定点観測調査の一環として、中堅・中小企業におけるWindows 10の活用意向に関する調査結果を発表した。

 ノークリサーチは2月22日、四半期ごとに実施しているIT投資に関する定点観測調査の一環として、中堅・中小企業におけるWindows 10の活用意向に関する調査結果を発表した。

 調査は、日本全国・各業種の年商500億円未満の民間企業700社の経営層/管理職/社員を対象とし、2016年1月に実施された。それによると、Windows 10ヘ移行または入れ替え済みの中堅・中小企業は16.1%、移行または入れ替え予定は19.9%だったのに対し、現在利用中のバージョンを維持するとの回答は34.6%だった。

(ノークリサーチ提供)
(ノークリサーチ提供)

 上のグラフは年商500億円未満の中堅・中小企業全体に対して、「Windows 10への移行方針」を尋ねたもの(部門や事業所によって異なる状況が混在するケースも考えられるため、設問は複数回答可としてある)。

 「現在のバージョンを継続利用する」との回答割合は34.6%に達しており、無償アップグレードという特典は必ずしもユーザー企業におけるWindows 10への移行を大きく加速する要因にはなっていない可能性がある。また、30.0%を占める「現時点では判断できない」と考えるユーザ企業層の動きを今後も注視していく必要がある。

(ノークリサーチ提供)
(ノークリサーチ提供)

 さらに、より詳細な選択肢を抽出した次のグラフをみると、同じ移行方針を表す対となる選択肢における「一部の~」と「全部の~」の回答割合には大きな差が見られないことから、「全社導入は少ないが、一部に導入済みのユーザー企業は多い」といった状態ではないことも確認できる。

移行メリットとしてWindows 10の新機能を挙げる割合は1割未満

残り本文:約1103文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ
  2. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  3. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  4. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  5. リスク急増!広がる「BYOC(個人用クラウドの持ち込み)」ほか、頭の痛いネットワークの課題を考える

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan